2017年05月06日

ブンブアンの体重


約半年ぶりにあったブンブアンは、ちょっとだけ大きくなった感じでした。


ターワン先生に体重を聞きました。

4070キロ!!

もう安定の4000キロごえ!!

それどころか4100キロも見えてきました。

うーん、心配です。ブンブアンは意外と足が細いんです。

ブンブアンは数年前から何度も獣医から痩せるようにアドバイスされ、他の子より、歩いているのですが、、。

そういえば、約8年前、私が初めてブンブアンにあった時、

28歳、体重2800キロくらいだったと思います。

あれから1200キロ以上。4343

少なく食べることは、とてもストレスになるでしょうから、やはりエクササイズですね!

頑張れ、ブンブアン!!



P1370495.JPG


posted by 見習いゾウ使い F at 06:37| Comment(0) | 日記

2017年05月05日

ブンロンの気持ち パート2


ブンロンはまだお腹の調子がよくなく、食欲はないようでした。

それでも、わたしが持ってきたスイカやメロン、落花生、などはよく食べていました。

今回は食べ物を上げる前にマハウトのシーラに、これは大丈夫?と確認をとってます。


ブンロンはなぜかずっと涙目で、

毎回シーラが

ナムター(涙)

と言っていました。

もちろん、両目から、少し流れていました。

P1370428.JPG


この涙の意味は?

私と久しぶりに会えたから?

シーラは私をブンロンのマミーとよびます。

そして、ブンロンに、マミーがきたよ、マミーがきたよと言います。


ブンロンの泪は少し塩っぱい味がしました。




posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年05月04日

ブンロンの予定!


先ほど、タイゾウ保護センターの獣医にブンロンのことを聞きました。

3月は、お腹の調子がイマイチでしたから、心配しています。


離れているとよけい心配ですよね。


ブンロンは、fine!


よかった!

そして、新しい予定!!

ブンロンはショーグラウンドに近いうち?戻るそうです!

他の子達と遊べるように!!


ブンロン、よかったね!

早く皆と遊びたいね!



ドクター、いつもありがとうございます!

P1370429.JPG
3月のブンロン!


posted by 見習いゾウ使い F at 21:28| Comment(0) | 日記

スリカムがプールでスイミング!


うれしいニュースです!

スリカムが簡易プールにはいっている写真が送られてきました。

テンが頼んだそうです。

うれしいですね。


テンが一緒にプールにはいっているようです。

テンは、はじめわからなくて、まあ帽子をかぶっているけど、ちょっと老けた感じで。555


テンは、スリカムの世話によびよせられたんでしょうね。

今のマハウトはスリカムと、とても仲がよいという感じじゃないですし、

スリカムはテンのいう、サワデイーカで、前足をひいて、頭をさげていましたし。

テンの耳に鼻先でふれ、耳をひっぱったり。555


スリカムのそばにテンが仕事でいれてよかったです。

スリカムは、昨年はテンとブンミ―のマハウトのふたりにとても可愛がられていましたから。

彼のマハウトが、私がセカンドマハウトだと思った人でした。

あいにく、ふたりのマハウトの愛情がとても深くて、競い合うようにしていましたから、ふつうに愛しているぐらいではスリカムは気にとめないのかもしれません。

そのマハウトの手をかんだこともあったようですし。

だから、私がスリカムの口に手をいれると、テンが心配していまことがありました。


スリカム、よかったね!

鼻先を高くあげて、目を見開いているポーズは獣医への挨拶でしょうか。

とても可愛い。

スリカム、よくなってね。

また、吹いたりすったりしようね。

テンも送ってくださったかたもありがとうございます!





posted by 見習いゾウ使い F at 18:31| Comment(0) | 日記

2017年05月01日

ブンロンの気持ち

土を食べ過ぎてお腹を壊して20日間ゾウ病院に入院していたブンロンはまだ、お腹は本調子ではありませんでした。

そのせいか、私が会いに行った時、ブンロンは、前足にチェーンをしているのに、何度も横になりました。


昼間横になるのは見たことがありませんでした。

私は今まで、スクールにいるブンロンに会いに行っても30分くらいですから、そのせいかもしれませんが。


甘えている?

それだけならよいのですが、やはり体の調子が悪いのでしょう。

最初は顔や背中を撫でました。

気持ち良さそうです。


頭の方から手を口にいれたら、口を閉じてしまいました!

なんてこと!初めてのブンロン!

ブンロン、目が笑っています!手が動きません!強くはありませんが。

マハウトのシーラがダメって言ってくれました。

ブンロンは、ダメなのはわかっていますね。

ただ、遊びたい。ブンロンはユーモアにあふれていますから。

少し間があって、ブンロンは私を見ながら口を開けました。555


P1370441.JPG


posted by 見習いゾウ使い F at 08:42| Comment(0) | 日記

2017年04月30日

ゾウさんに乗ることの是非


タイには、使役をしている、させられていふゾウさんがいます。

その子達は、人間に飼われていて、demostic elephants と英語でよばれています。

また、タイには赤ちゃんを3歳などの年にママと引き離す儀式が未だに行われているところもあると聞きます。

もうほんの形式だけになったところもあるようですが。

その様子の一部、狭い柵に赤ちゃんゾウをいれ、足輪などをつけていふ、、

その映像が下記のビデオに時々でてきます。

下記のビデオは、ゾウさんにのらないで!というテーマで編集されているもののようですから、

その引き離しは、残酷、マハウトがコーでゾウさんをぶっているシーンを多用しています。


使役の是非は、問われるべきだと私は思います。

ただ、下記のビデオは一方的すぎて、編集が残酷さを煽っています。


確かにタイでは、約500年前から、ゾウさんに、乗り、ゾウさんを働かせてきています。

昔はゾウさんは乗り物。それが当たり前。

その流れがまだあるのですね。

それでも、それは、ゾウさんにとっては、どういうことなのか

そのことを考えることは、ゾウさんにとってよいことだと思います。



posted by 見習いゾウ使い F at 23:46| Comment(0) | 日記

2017年04月27日

ゾウさんがマハウトを殺害?

こちらは、facebookてわシェアされた記事です。


Animal planet の動画です。いつのものかはわかりません。

この映像をシェアした方は、西洋人のアニマルライツを皮肉っています。
チェーンなし、足輪なしだと、いつマハウトやツーリストがこのような目にあうかもしれないと。

マハウト?がゾウさん、シンディを呼び、シンディが彼をアタック。

近くのゾウさんのお腹の下に逃げ、メインドアがあいていてそこから逃げ、その鉄の?ドアを閉めようとしますが、なかなか閉まらず、その間にシンディは、そのドアの隙間から鼻をだし、彼をぶちます。
彼は飛ばされ、シンディが近くにきて、彼を鼻で潰そうとしますが、建物が邪魔をします。
それで彼は命拾いしました。


そしてこの記事に対して、ゾウさんへのチェーンと鉄のトゲトゲの足輪などに対しての批判のコメントが写真とともにかなりの数あげられています。


私はここの状況はまったく知りません。

ただ、知っているのは、

ゾウさんのすることには、必ず理由があるということ。


殺害されたかたのご冥福をお祈りし、怪我をされた方は早期の回復を願っています。

そしてこのゾウさんに何か罰があたえられませんように。

そして、心の平和がもたらせますように。


posted by 見習いゾウ使い F at 10:02| Comment(0) | 日記

ブンロンのビデオ

ブンロンの命の恩人であるミスターダルシットが、2012年?のビデオをfacebookでシェアしていました。

ブンロンは、まだ一歳になってなくて、小さくて頭に長い毛がありましま。


ブンロン!と呼ばれると、ゆっくりそちらを向いて、ミスターダルシットの手に鼻先に回して引っ張ったりしていました。

ロンハーイと言っていたので、少しブンロンは涙だったようです。

そして

クンチャイ!という言葉も!

クンチャイ、王子様?


前にクンチャイのことをクンチャイと名付けたのはミスターダルシットだったと機関紙に書いてあったと思います。

ブンロンも、彼にとっては王子様!

嬉しいですね、そうやって大切に思ってくれるのは。

ブンロンは、お腹を痛めたんですよと書いたら、

聞いている、今は強いと。

1トン超えていると言われたので、3月は、13??キロだったと書きました。

そしてこの写真を送りました。

IMG_1173.JPG

ブンロン、元気でね。恋しいです。
posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年04月26日

ゾウさんのエクササイズ



前からブンブアンは、ダイエットのために、昼休みにショーグラウンドからマハウトスクールまで、カイワンやシンハーの子供達と一緒に行き来していました。

今回はどうなのか聞きませんでしたが、一つ情報をスタッフから聞きました。

毎朝ゾウさん達(多分ショーの子達?)はショーグラウンドで、エクササイズをしている。


獣医が、ゾウさん達は太り過ぎだからエクササイズしたほうがよいとのアドバイスをしたそうです。

それで、エクササイズ。

食べる量はコントロールしています。


この時私はその時間にシーラと待ち合わせだったので、見に行けませんでしたが、

どんなことをするのかたずねたら、

マッブロンとかタックロン、腹ばいですわったり、頭をさげたり、すると教えてくれました。わ

いつものマハウトの乗り降りですね。

それをマハウトが乗るかどうかはわかりませんが。

エクササイズが必要なのはゾウさんだけ?!



posted by 見習いゾウ使い F at 06:26| Comment(0) | 日記

ゾウさんとの距離


ゾウさんとの距離は、そのまま、その人とゾウさんの関係を表しているようです。

確かに親しくなければ、ゾウさんとの距離は遠いですね。


ゾウさんに触ってみたいって思います。撫でてみたい。

私の場合は、それが、ゾウさんに、ではなく、例えばブンロンに、ブンブアンに、となります。


その差が、親しさの差のひとつだと思います。

名前も知らない初めてあうゾウさんに触りたい、触らせてくれた、それが出発点。

そばにマハウトがいるから可能なこと。

その時、自分はゾウさんにさわれて嬉しい!!

では、ゾウさんは?知らない人に触られて嬉しい?

ゾウさんはマイベンライ(気にしない)!?555

ゾウさんにバナナくらいはあげたいものです。555


IMG_3295.JPG





posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記