2018年03月10日

ヤヤ 2017年12月26日

P1520674.JPG

ヤヤには、ショーグラウンドのバックヤードであいました。

インド映画の撮影のため、フェイスペイントしています。

ヤヤには初めて会いましたが、

とても人懐こく、

多分私のことはマハウトからも、他のゾウさん達からも

聞いているのでしょうね。

初めてあったとは思えない、嬉しさで迎えてくれました。

やっと会えた!!みたいな。マジで。555


この感じ、初めてテンモーちゃんに会った時もありました。


私のことを知っている、、
というか、聞いている、、

ターワン先生が映画の撮影は大変、

時間が長い、プンプアンがさむがっていたといっていました。

まだ、小さなヤヤはもっと大変でしょう。

しかもヤヤは、準主役だそうです。


カイワンは、やんちゃで、役をもらえなかったとか。555


ヤヤはタイゾウ保護センターでは一番小さな子(チャンノイを除いて)

がんばっていますね。


とってもかわいい子です。



posted by 見習いゾウ使い F at 09:56| Comment(0) | 日記

2018年03月09日

ブンブアンのおしゃべり


ターワン先生は、


その前日は、


インド映画の撮影で、


ブンブアンは、寒がっていたと


教えてくれました。


何時から何時までなの?と聞いたら


8:30-17:00


川にはいるのが、遅い時間で長く入っていて寒かったみたいです。


ショーグラウンドのバックヤードから水浴びするところのあぜ道を通って


いきます。


私とスタッフはブンブアンの少し前を話しながらあるいていました。


時々ブンブアンの方を「て。


ブンブアンは、時々止まって笹を食べています。


そして、舗装道路にでたところで、


スタッフと英語で


映画の撮影は大変だよね。


待ち時間が長いし。


と話していたら



いきなり後ろにいたブンブアンが


キッキッキー、リャオ!キッキッキー、、リャンリャン、キッキッ、キッキッキー、、、


と結構長く感情的に話しました。


大笑いです。


なんだか


私がいった映画撮影は大変だよね、待ち時間が長いし。


をブンブアンが聞いて


私達の会話にはいってきて


そうなのよ、映画撮影は大変。

待ち時間がながいのよ。

ね、わかる?


といっていたようです。マジで。555


この日ブンブアンは、おしゃべりでした。5555


posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年03月08日

マハウトスクールの散歩コース バックヤード内

P1520679.JPG

続き

チェーン無しで、身軽にブンブアンは、

ショーグラウンドのバックヤードをブンブアンは進みます。

その道路の脇にゾウさんそれぞれ用に分けられたスペースがあります。


そこに、草とか、サトウキビとか色々食べ物が割り当てられています。

いつからこうなったかは、わかりませんが、

前にはなかったと思います。


ブンブアンは、あるところから草の束をとって口にくわえました。

ターワン先生はダメ!と言いましたが、

後の祭り。

ターワン先生は、多分そこがブンブアンの食べ物置き場だと思われるところの草を先ほどブンブアンが草を取ったところにリプレース。

ブンブアンは、他のところから今度はサトウキビの束をとりました。

スタッフや私は大笑い。

ブンブアンは悠然とゆっくり歩きながら食べています。

ご機嫌です。

5555

続く
posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年03月07日

マハウトスクールの散歩コース出発


昨年12月26


タイゾウ保護センターのマハウトスクールの


1日コース


散歩コースはブンブアンと一緒です。



本来コースは、2人から実施ですが、


今回も私だけでも実施してくれました。


感謝です。



まだ、このコースはあまり知られていなくて


私以外にはあまりこのコースをとる人がいないようです。


ゾウさんに乗らないコース


最近は、これを売りにするキャンプがかなりあるそうです。


ただ一緒にあるいて、ゾウさんの水浴びの時に、ゾウさんの体を洗ったり。


私は水浴びの時は、今回も水が深いので遠くから見ているだけですど。


その場所は、数回ブンブアンに川にブンブアンの首から落とされたところです。555


ブンブアンは、いつの間にかショーグラウンドのバックヤードに来ていました。


私はブンロンやカイワンやアヤや他の子達に食べ物をあげていて、


そうしてあれ、ブンブアン?と気がついたら、他のマハウトがブンブアンだよと。


ターワン先生は後からきました。


私がブンブアンドキドキしているハート


と呼んでそばにいる時にターワン先生がきました。


その前に私がブンブアンに近づいても、誰も止めなかったです。555


ブンブアンは、相変わらず可愛くてドキドキしているハート


スクールのスタッフが2人ついてくれて、ブンブアンの足のチェーンを固定している所をターワン先生が外しました。


チェーンをブンブアンは自分で持っていきます。


それを見た私が、


チェーンはいるの?いらないよね。


と言いました。


そうしたら、ターワン先生が笑顔で


必要ないよ。


と。


それでそのチェーンは置いていくことに。ドキドキしているハート


スタッフも笑顔ドキドキしているハート


ブンブアンも軽くなりますし、笑顔ドキドキしているハート


ターワン先生は、私に乗る?


と聞きました。


私は


いらないよ。


と。


スタッフが笑顔。


ターワン先生は、ちょっと寂しそう。


ブンブアンは、どっちでもよいのかな?555


とにかく

皆笑顔で出発です。


続く




posted by 見習いゾウ使い F at 21:54| Comment(0) | 日記

2018年03月05日

プンプアンとの朝

P1520667.JPG

P1520669.JPG

12月26日朝プンプアンを森に迎えにいってマハウト村をぬけます。

タイゾウ保護センターにて

マハウトスクールのお散歩コース
posted by 見習いゾウ使い F at 14:16| Comment(0) | 日記

チャンノイ

前にも書いたと思いますが、

チャンノイは、

ゾウさん、小さい  。


タイでは、ある程度大きくなるまで、

ゾウの赤ちゃんに名前をつけず、

皆チャンノイと呼んでいます。


風習なんでしょうね。

バシーのチャンノイは、私が行った時は、生後1ヶ月と少し。

まだ、チャンノイでした。


続きを読む
posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年03月04日

チャンノイ黄ハート 2017年12月25日 

P1520614.JPG
P1520603.JPG

P1520621.JPG

P1520625.JPG

P1520628.JPG

P1520634.JPG

パシー(パチ―)の赤ちゃん、チャンノイに12月25日タイゾウ保護センターに行った時に会いました。

森の中にいますので、初めてのツーリストはいけないようです。

前からのツーリストで、スタッフやマハウトと仲がよかったりする人は会ぱしいにいけるのかもしれません。

私は、テンモーちゃんはクンチャイ達のお墓参りの時に、

パシーのマハウトに偶然会い、(前から私は森の中のパシーに会いにいったことがあります。)

マハウトから、チャンノイに会いにおいでと誘われました。


それで、テンと一緒に、お墓参りの後、行きました。

お墓からすぐ、車で3分くらいです。


マハウトは作り立ての竹にいれたもち米をごちそうしてくれました。

美味しい♡

パシーとチャンノイが見えます。


パシーのマハウトが先導してくれました。

そして、柵の中へどうぞと。

丸太をまたぐのが結構大変。555


チャンノイが小走りで近くにきます。

可愛いですね。本当に。

生後1か月ちょっと。

健康そうです。よかった。

パシーも元気そうです。

私はパシーにこんにちはとおめでとうと言います。

パシーは口を開けます。

555

パシーの所に行く予定をしていなかったので、

パシーへの食べ物を用意していなかったので、

クンチャイの供物のおすそ分け程度です。

クンチャイ、ありがとう黄ハート

チャンノイは私に何度もよってきます。

本当に、赤ちゃんは可愛らしい。

人懐っこい。

まだ、生後1か月なので、バクテリアとか気を付けなくてはならないですね。

なので、口の中は触りません。

チャンノイは、好奇心いっぱい。

ママのお許しもあるのでしょうが、色々な人の所に行きます。


健やかに、元気に育ってね。

今度会う時は、大きくなっていますね。4343



posted by 見習いゾウ使い F at 17:01| Comment(0) | 日記

2018年02月28日

ブンロンのマハウト夫婦ドキドキしているハート

P1520665.JPG

P1520656.JPG


P1520658.JPG

昨年12月26日朝タイゾウ保護センター内マハウトスカールの

散歩コース(ゾウさんに乗らない)でブンブアンと半日一緒です。

それで、前日ターワン先生に電話をして

6:30先生のお家前集合でした。

森のブンブアンの手前、前はナムイでしたが、何とブンロンがいました!

ターワン先生は、そばによるな!と言いますので

ちらっと挨拶して、ブンブアンの所へ。

しばらくするとバイクの音がして、

ブンロンは喜んでいます。

マハウトが奥様と一緒に来ました。

掃除用のほうきをもって。

私はマハウトに挨拶して、すぐブンロンのそばに行きました。

ブンロン、さっきはごめんね。

食べ物をなげてあげただけでしたから。

奥様に挨拶しました。

優しいですね。ブンロン、幸せドキドキしているハートドキドキしているハートドキドキしているハート

ブンロン、ラッキードキドキしているハートドキドキしているハートドキドキしているハート


スタッフのファンが、マハウトの奥さんがこうやってゾウさんの所に一緒にくるのを見たのは初めて!と感激していました。


続きを読む
posted by 見習いゾウ使い F at 09:49| Comment(0) | 日記

2018年02月23日

元気なスリカムとテン 2月22日


2月22日
facebookにタイゾウ保護センターのスタッフの一人が

スリカムにホースの水をかけているテンとスリカムのvideoをアップしていました。

スリカム元気そうです!

暑いんでしょうね。

水を口の中にいれてもらって嬉しそうです。


その動画をシェアしました。

その方の友達限定ですから、ご覧になれない方もいらっしゃるかもしれません。


早速テンに電話しました!

元気そうです。東京が寒い、雨だよというと

ランパンはとっても暑いそうです。


スリカムは元気?と聞くと

元気。

さっきビデオで水あげているのを見たよというと、

そう、と暑かったからねと笑っていました。


テンはすぐスリカムのそばにいるようで、

私がスリカム!と呼ぶと

気配がします。

そして、チュとテンが言うと

チュ。の音が聞こえます。

私も

チュ。

そして、フーの音。

その2つの繰り返し。


可愛いですね、本当に。

スリカムが元気でよかったです。


テンに酔っぱらっている?と聞くと

酔っていないとの答え。


お酒を飲まないよと


少しだけと。

少し、少し、少し、少しと私が言うと

そんなに飲まないよ。

555

テンの声が元気なのは、

スリカムが元気な証拠!!

暑いランパン、小雪がまじった雨が降った東京からはうらやましいです。


スリカム、元気でよかった黄ハート

テン、ありがとうございます。

Good luck ,good luck !






posted by 見習いゾウ使い F at 00:03| Comment(0) | 日記

2018年02月22日

シンハーの脱走

話は少し飛んで、

昨年12月27日タイゾウ保護センターにて

朝、9時45分からの水浴びの時

私は少し早めにいってゾウさんを待っています。

この日は寒くて雨が降っていました。


まだ、ツーリストは私だけ。

ゾウさんは徐々に来ます。


ブンロンは三番目

来ている子にスイカをあげます。

そのうちにスタッフが食べ物を持ってきたので

それを買います。

毎回買っていますので、

皆顔見知りです。


そのさとうきびとかを

皆にあげていると、

シンハーがその列からはなれました。


あれ?と思いましたが、

私は食べ物をあげるのに夢中です。


シンハーはどこにいくのかな?と思いました。

マハウトはシンハーから降りていました。


しばらくすると、水浴びのところの先のあぜ道を

こどものゾウさんが少し早めにあるいています。


そしてその後をマハウトが数人歩いています。


それでも気にせずに、

ゾウさん達に食べ物をあげていました。


そうしたら、スタッフの一人が

今シンハーは逃げていったのよ。水浴びが寒くていやで逃げたんだよ。

マハウトが10人後を追っていると

笑顔で話してくれました。


それで、

あ、あれがシンハーだったんだ。

シンハーも急いではいない感じ。

マハウト達も、決してあせっていない感じでした。

マハウト達は、こういうことに

慣れているのでしょうね。555

シンハーも。555


そして、水浴びが終わり、

ショーがあるグラウンドに行きました。


2回目のショーの時、

シンハーがよばれました!

お!シンハーもどってきている!!!5555


その後、客席のそばにシンハーが来てくれたので、

シンハーさっき、いったでしょうと

マハウトに言うと、

マハウトが笑っていました。


シンハーは、何事もなかったような平気な顔をしていました。555

きっと、これは初めてじゃないんですね。4343







posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記