2017年05月19日

ブンロンとマハウト達


ブンロンは頑固で、野生生まれだから、人の言うことを聞かないと言われているようでした。

すぐ打つからそばに寄らないでと新しいスタッフは言われたそうです。


うーん。

ブンロンは、人を選びます。マハウトのシーラや私には良い子です。

言うことも聞きますし、ユーモアがありますしまだ、遊びたい盛りです。 

でも、嫌いな人達がいて、そういう人達はブンロンが嫌いということになりますね。

言うことを聞かないからといって、ブンロンを叱ったり、棒でぶったりしては、仲良くなれる訳ありません。


その担当マハウトがいない時はゾウさんの、そばに近づいてはいけないというのは基本です。


でも、怖がることは必要ないと思います。

大抵ゾウさんは、足にチェーンをされていて(涙)行動範囲は決まっています。


その活動範囲の中にはいらなければ、少なくともゾウさんに打たれたりはしないです。


お互いの気持ちがあることですから、ブンロンに、優しくしてほしいです。
そうしたらブンロンだって、少しはよく思ってくれるかもしれませんが、

問題は、ゾウさんは前のことを覚えていること。

その記憶を上書きするのは、簡単ではないと思います。


自分の担当のゾウさんがいるマハウトは、ブンロンにも接しやすく見えます。

それは、そのゾウさんとブンロンが仲良しだからかもしれません。

私の勝手な推測ですけれど。555ブンロンはそのマハウト達がそのゾウさんに優しくしているのを知っていますから。

それでもその中の1人をブンロンが打ったことがあると聞きました。

何か理由があるのでしょうね。4343

ブンロンは、タイゾウ保護センターの他の同年代の子達とは、生活も性格もなんだか違ってきています。

それでも、愛情は深く、やんちゃで、ユーモアがあって、何がなくてもとても愛しい子です。


I 光るハートBOOMLONG Tシャツの言葉のように、マハウト達、ブンロンに愛情を注いでほしいと切に願っています。


IMG_1180.JPG

posted by 見習いゾウ使い F at 11:33| Comment(0) | 日記

ブンロンはスクールでトレーニング


ブンロンは、スクールでまた、トレーニングだそうです。

コントロールが難しくなってきたからだそうで。

ブンロンは英語で言うスタブン?

頑固。

そういえば、私もスタブンだと言われるので、ママ似でしょうか。555


今6歳くらい。

身長は多分2メートルをこえ、体重は1300キロごえ


男の子だし、やんちゃだし。


そして、頭がよくて、ユーモアがあって思いやりがある子です。


ショーにでなくなって、森の中の電気柵の中にいて、コマンドをすることがほとんどなかったのかもしれませんね。

だから、ブンロンはコントロールしづらくなっている。


ショーに出続けていれば、そんなことはなかったかも?とか思います。

人間社会で、人間と一緒に生きるということは、簡単じゃないですね。4343


ブンロンが気持ちよくトレーニングができますように。

ブンロンはできる子ですから、彼のやる気を出させるのがポイントだと思います。

シーラ、トレーナー、そこのところ、よろしくお願いします。

そういえば、3月私の帽子を渡したら、鼻先でとって口の中に入れたり、投げ飛ばしていました。555

IMG_1178.JPG



posted by 見習いゾウ使い F at 07:06| Comment(0) | 日記

2017年05月18日

ドッゲオ、good luck、good luck!


ドッゲオは、オーナーのところに帰ったそうです。

facebook のタイゾウ保護センターのスタッフの記事で知りました。

ナースリーのドッゲオ、カメラの方に鼻を伸ばしていました。

涙が溢れていました。わかるんですね。


一才8ヶ月

やんちゃでとっても可愛い盛り。

まだ、ママと一緒にいてミルクを飲んでいる時


ドッゲオは孤児で、タイゾウ保護センターではシンコンがママになっていました。

そして、シンコンは妊娠していますのでもう数ヶ月前からドッゲオはシンコンから離されていました。

マハウトのナイが大好きで、いつも一緒。


寂しくなりますね。4343


まだスクールにはいかなくて、自我がでてきて、人をぶったりやんちゃで言うことを聞かない時がある時期。

とっても可愛いけどちょっとてこづる時期

しかも環境がかわる、マハウトもかわる

本当にオーナーやマハウトや他の人たちがドッゲオによくしてくれることを祈っています。

他のゾウさん達もドッゲオを受け入れてくれますように。


ドッゲオが大好きなスタッフは、ドッゲオがスタブン(頑固?)なのを心配しています。

この時期の子達は皆そうです。

だから、扱いはわかるでしょうが。

それでもおとなしくさせるために、クスリ?や暴力を使われるのは心配ですよね。

マハウトのナイのように、愛情でコミュニケーションをとってくれますように。


ドッゲオ、good luck、good luck!

たくさんのgood luckがありますように。

ゾウスクールにくるらしいです。一年後??

その時は、また大きくなって、もっと可愛くなっているでしょう。

寂しくなるね、ドッゲオ、愛しているよ。

元気でね、元気でね。

皆に可愛がってもらうんだよ。

元気でね、good luck!

IMG_2822.JPG
最愛のマハウトと一緒 今年3月 一才8ヶ月

IMG_2821.JPG
私にあーん。今年3月

IMG_2816.JPG
生後3か月?小さな子でした。

IMG_2817.JPG

IMG_2818.JPG

IMG_2819.JPG

IMG_2820.JPG

元気でな、good luck、good luck!








posted by 見習いゾウ使い F at 09:42| Comment(0) | 日記

2017年05月16日

baby elephant kissing 15rh March 2017 ゾウの赤ちゃんのキッス



baby elephant kissing 15rh March 2017 ゾウの赤ちゃんのキッス をyoutubeにアップロードしました。

ほぼ初めてのこんなキッス、すったりはいたり。555

スリカムがこんなことをするのは、この時は私にだけでした。555

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/zevOu7y2xYU" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>




posted by 見習いゾウ使い F at 16:31| Comment(0) | 日記

baby elephant with tears for reunion on 15th March 2017.ゾウの赤ちゃん再会の涙 youtubeにアップロードしました。



2017年3月15日タイゾウ保護センターない、ゾウ病院にスリカムを訪ねました。


スリカムは目に涙をためていました。




posted by 見習いゾウ使い F at 16:03| Comment(0) | 日記

2017年05月09日

ゾウさんに守られている?!


先日スリカムがプールにはいったこと、そしてその写真をメッセージで送ってもらったこと、
その動画をfacebookで公開していたのを見たこと、

ブンロンがほかのゾウさん達と遊ぶためにショーにもどること。

嬉しいニュースがありました!

その話を友人にメールすると、

あなたは生きているゾウさん達にもまもられているね。


Wow! 
私はママですから、彼らを守る立場なんですが、守られている!それは精神的に。

人間社会は複雑で、人間は自分を含めて複雑で。


そんな中、ブンロンやブンブアンやスリカムや他のゾウさんのことを考えるだけで和みます。

また、恋しくなります。

怪我をしたり、お腹をこわしたりする子達が私を守ってくれている!

守らなきゃいけないのは、ママの私なんですけど。555


それでも嬉しいです。

皆、ありがとう!愛してるよ!






posted by 見習いゾウ使い F at 10:09| Comment(0) | 日記

ブンロンの気持ち パート4


ブンロンは、お腹の調子がよくなくて、

そのせいか、気持ちも不安定に見えました。

すぐ横になったり、たったり。

その様子をみていて、心が騒ぎました。


ブンロンは、何をしたいのだろう?

何を思っているのだろう?

わかりませんでした。

そして、今もわかりません。


ゾウさんがすることには、理由がある。


その理由がわかりません。


そして、ブンロンの機嫌を損ねてしまった私にできることは何か?



食べ物をあげること。555


そして、言葉をかけること。

そして、優しく触れること。


それくらいしか思いつきませんでした。

今振り返っても、それくらいしか思いつきません。


シーラが皮をむいたトウモロコシをブンロンの足元におきました。

ブンロンはそれを鼻先でつかんで投げ捨てました。

もうひとつも。


ブンロンは、怒っている。食べ物に当たっている。

こんなブンロンを見るのは私は初めてです。


私が持って来た食べ物を再びチェック、少しでも残っていたひまわりの種をあげます。

そして、ブンロン用にあるバナナを2本ずつ、皮をむいたり、むかなくても食べました。

そして食べなくなったら、サトウキビ。

サトウキビは、とってから、そしてそこに置かれてからかなり時間が経っているようで、少し硬くなっていました。

元気な時はそれをそのまま食べますが、ブンロンはお腹を壊しています。

そのまま約60cmでは、先ほどは食べませんでした。

そこで、サトウキビに足をおいて、節のところからおり、2つにして、1つづつあげました。

ブンロンは食べます。


さっき、シーラがブンロンの足元に置いた時は見向きもしなかったのに。


そして先ほどブンロンがなげすてたトウモロコシ。

それも2つに手でおり、ブンロンの鼻先に出します。

ブンロンはそれをリズミカルにとり、口に運びます。

よかった!


ブンロンは機嫌が良くなってきたようです。

ブンロンは、リズミカルです。頭を上下にふります。ノッテきました!555


トウモロコシは皮をむいて、2つにおって、それからみを少し外して鼻の穴にも

食べなくなったので、またサトウキビ。

ブンロンは、鼻と頭を上下にふり、

鼻で、サトウキビを一本とり、

鼻と頭を上下にふり

もう一本とり、

そしてもう一度鼻先を振り上げて、ちょっと停止、

?? 
ブンロンは何かを待っています。

鼻先の突起に私は口で触れると、鼻は口もとに。

2本ずつ食べます。

それを繰り返しました。


この時の楽しさは、食べるだけでなく、私のキッスがはいること。

しかもリズミカル!!555

それがブンロンのしたいこと。


こんな風に食べ物をあげるのは初めてです。


リズムを乱さないように、サトウキビやバナナやトウモロコシを取りにいかました。555


ブンロンは、ただ食べ物が欲しいのではなく、私とのコミュニケーションが欲しかったようです。

ブンロンは、嬉しそうに、そして涙を流していました。

トウモロコシのみをすこしとってブンロンの口の中にいれます。

涙はちょっと塩っぱい。

可愛いブンロン!愛してるよ。

お腹辛いね、早く良くなってね。

さっきはごめんね。


P1370567.JPG
posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年05月07日

ブンロンの気持ち パート3


ブンロンのいるスクールの奥には、少し離れて他のゾウさん達がいます。

小さな子達です。

シンハー、カイワン、他の少し大きな子達はたまに。

そして3月16日はバイトンがブンロンのすぐそばにいました。

姿がブッシュの先に見えます。

アクティブで足にチェーンはされていますが、かなり動いています。

前日は、いなかったので、この日はマハウトのノムがお休みなのかもしれません。


私は2度ほど

バイトン!

とよびました。

バイトンはわかって立ち止まり、こちらを見ています。

可愛いですね、大きくなりました。

この日の朝、ブンブアンに会いにいった時、バイトンがいませんでしたが、こちらにいたのですね。


ブンロンは、他の子が肉眼ではちょっと見えない場所にいます。

でもバイトンの場所はすぐ近くで見えます。


バイトンはブンロンが前は好きではなかったような。

ブンロンはケランと仲良しだったと思います。

ケランと会えなくて寂しいですね。4343


ブンロンが、横になったり、立ったりしている時に、バイトンが見える場所に来ました。

バイトンがこちらを見ていて、

私は

バイトン!

と呼んで、トウモロコシをバイトンの足元に投げました。

そして、ブンロンのほうに戻ってくると、

その様子を見ていたブンロンと目が合い、

嫌な予感!


ブンロンは鼻で私の肩を叩きました!

シーラが驚いて、

ダメ!

って言ってくれました。


私は、

やっぱり

と思いました。


ブンロンは私がバイトンにブンロンのトウモロコシをあげたことが気に入らない。


ブンロンが私をこうやってぶつのは初めてです。


私は考えました。

どうしたら、ブンロンは機嫌を直してくれるのか。


このままお別れするのは、いやです。

ブンロン、ごめんね。ごめんね。

まずはあやまりました。


今思えば、ブンロンが打ったのは肩!気持ち良いくらい。555

結構強かったですが、もっと強く打つことも、頭や、横に打つこともできたはず。

そうすれば私は倒れます。

そうしなかったブンロン!


ブンロンは、今回私にスリカムの匂いを感じたかもしれません。

ブンロンに会いに行く前にスリカムの所へいっていますから。


続く


P1370545.JPG

ブンロン 



posted by 見習いゾウ使い F at 08:15| Comment(0) | 日記

ショー


タイゾウ保護センターでは、ゾウさんのショーが、毎日3回おこなわれています。

水浴びは、日に2回。前と同じです。


この時は、3月13日月曜日に、

タイインターナショナルエレファントディがあったばかり。

今年は月曜日でしたし、入場料が500パーツ、1700円くらい?

となかなか高額ですし、観客は多くなかったとのことでした。



あくまでも、その日なんですね。

スタッフが日曜日になるかも?といっていましたが。


約半年に一度タイゾウ保護センターに行き、毎回一度はショーを見ています。

毎回内容が少し違います。

タイらしい。555

なくなった演目もあり、復活した演目もあり。

新しい演目はない?

ただ、一頭でしていたものが三頭で一緒にとかはあります。


材木公社が母体ですから、山でのロッギングのデモンストレーションはあります。


これは、使役ですから、アニマルライツからいえば、No .

アニマルライツからいえば、もちろんショーもNo.

マハウトもNo. 

ゾウさんを飼っていることもNo.

少しずつですね。

何かゾウさんをハッピーにするか。

人間社会なので。


マハウトとゾウさんとの結びつきは、ここでは愛情と信頼を感じます。

ゾウさん達は彼らのマハウトと一緒にいると、落ち着いて、寛大に見えます。


まあ、ゾウさんだけと接することは、少ないですけど。555


P1370333.JPG




posted by 見習いゾウ使い F at 00:15| Comment(0) | 日記

ブンロンがいないショー


タイゾウ保護センターのショー。

約半年ぶりです。


ブンロンがいません。


昨年9月に、ショーグラウンドのバックヤードにいるブンロンと別れて、、、。

それから、ブンロンは森の中の電気柵の中にバチと一緒にいるようになり、、

今年は土を食べ過ぎて、病院に入院20日間

まだ、本調子ではなく、スクールのいつもの所にいます。


前回は、ブンロンがいて、ずっと他の子やブンロンを見ていて

ブンロンのビデオをとって、ブンロンに一番最初にバナナをあげて。


食べ物をツーリストがあげられるショーの最後は、ゾウさん達が、挨拶をしてから、ツーリストの方に来ます。

私はブンロンが歩いてくる真っ直ぐ前に陣取ります。


ブンロンは、私が待っている所にきます。


ただそれだけなんですけど、とても幸せ。555


私がいなくても、ブンロンはそこにくるのでしょうが。555


基本私は、ショーが好きではないですが、

それでも、最後の食べ物をあげられるこれは大好きです。555


私は初めてではないですから、ショーの最中にすでにバナナを買って用意しています。555


ブンロンだけでなく、すべての(大体10-14頭くらい)ゾウさんにあげます。






posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記