2018年01月26日

優しいブンロン

 12月25日から28日までのタイゾウ保護センターでの滞在を

日記のように書いていこうと思っていましたが、

大きなトピックが頭の中にいくつかあって

中々すすみません。555


話は前後しますが、


12月25日午後

ショーにでているブンロンとマハウトのソンワン。

私は彼らがよく見える位置に移動しました。

もちろん、ブンロンもソンワンも私がそのにいることを

意識しています。

ブンロンは、ソンワンの指示をよくきいて

すわったり、コーをとったり、横になだたり。

毎日のようにすることですが、

よくできています。


新しいマハウトのソンワンとの相性もピッタリ。


ソンワンは、時々ポケットにはいっているひまわりの種?をブンロンにあげています。今だに甘えん坊のブンロン。ドキドキしているハート


そして、乗り降りのデモンストレーションが終わり、ブンロンは退場します。


観客席との間の柵の近くを歩いているブンロンについていき、脇で待っていると、こちらにきてくれましたドキドキしているハート


とても嬉しいですね。


ブンロンドキドキしているハートと呼ぶと

アーンと口を開けます。555


そして、ミカンをあげました。



いつからか、このショーでは、23頭のゾウさんがショーの最中に観客席に近づき、こうやって観客から食べ物をもらったり、一緒に写真を撮ったりしています。


でも、このブンロンは、特別。私のために。


ソンワンに感謝です。


彼は多分、私のことは、色々な人や、ブンロンから聞いているんだと思います。


ブンロンのママだと。


だから、とても好意的。

ブンロンによくしているのは、ブンロンを見ていればわかります。


でも、私にまでよくしてくれるのには、とても感謝です。


続く

P1520552.JPG

P1520553.JPGP1520555.JPG

P1520555.JPGP1520554.JPG


P1520557.JPG




posted by 見習いゾウ使い F at 06:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。