2017年07月18日

マハウトの種類


タイゾウ保護センターには、どれくらいのゾウさんがいて、

どれくらいのマハウトがいるのでしょうか。


タイゾウ保護センターは、半公営?で、

政府の没収のゾウさん達を引き受けていると思います。

ゾウ病院もありますひ、

ゾウさん達の数はどんどんかわります。


一時期、どっと増えて、

マネージャーでさえ、今日もう一頭きたかな?二頭?

と混乱するぐらい変化しているようです。

没収のゾウさん達のマハウトは、

最初は元の場所のマハウトがついてきますが、

タイゾウ保護センターのマハウトにかわります。


また、ゾウさん達には、セカンドマハウトもいますから、

このセカンドマハウトは、数頭の担当の場合もあります。

ゾウさん達の数の倍ではないでしょうがかなりの人数です。


マハウトは、自分の担当のゾウさんがいる第1マハウト、

それから、特定のゾウさんの第2マハウト、

また、スクールのマハウト、

見習いマハウト、

ボスや管理者

多分、そんな感じだと思います。


posted by 見習いゾウ使い F at 09:41| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。