2017年02月10日

マハウトとママ


随分前にご紹介した

アジアゾウ飼育、健康、管理マニュアルー象使いとゾウキャンプ管理
> 者のために」(日本語版)はAWRC(アジア産野生生物研究センター) さんが出しています。



に書いてあいたことで思い出したこと


ゾウの赤ちゃんの世話はできれば、マハウトの奥さんがかかわってくれるとよい、、、

とかなんとか書いてあったと思います。

それで、え?と驚いたことを覚えています。


それは、マハウト達が赤ちゃんにミルクをあげたり世話をするのに、なぜ奥さんがいたほうがよいのだろうかと。


そういえば、マハウトはゾウさんのママではないですよね。あんなに24時間体制で赤ちゃんの世話をしているのに。


そうだとすると、マハウトは赤ちゃん達にとっては何なのでしょう?

先生なのかもしれませんね、ママというよりは。

いつも大切にしてくれているから、ママなんでしょうが、ママというより、保護者?、先生?


ミルクを赤ちゃんにあげると、とても愛情が深まるとも本に書いてあったと思います。

それでも、赤ちゃんには、ママが恋しいですよね。4343


写真はブンロンがまだ小さい時
髪の毛がふさふさ。
P1160548.JPG



posted by 見習いゾウ使い F at 14:15| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。
多分今年に入り初めてでしょうか。
こちらは拝見していたのですが、私自身に色々身体的にも精神的にも乗り越えねばならないことに遭遇していて、文子さんに読んでいただいて気持ちよく読んで頂けるような文が書けるかどうかとか、なんだか色々精神的に落ちてしまいそんな感じでした。
今はだいぶ落ち着きました。
ブンロンくんの可愛い赤ちゃんの時、目が本当可愛いですね(^^)
今日はカイワンちゃんの後から読めていなかったのでゆっくりブログ読ませていただきます。
早く春にならないかなと。。そして私の気持ちもそれとともに晴れて欲しいなと思います。

寒いですから、お体ご自愛ください。
また来ます。
Posted by いずみ at 2017年02月12日 16:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。