2018年06月30日

元気なブンロン♪♪ 6月30日


さきほど、ブンロンのマハウト、ソンワンに電話をしました。

フミコ!というと驚いていました。

555

約2か月ぶりですね。


ほとんど毎日、電話をしようといていますが、時間がなかなかあいません。

意外と時差2時間はむずかしいですね。4343


スリカムが他界して、すぐに電話したかったですが、

少し時間をあけました。


ソンワンは、元気そうで、声がはずんでいます。


ブンロンは元気ですか?

ブンロンは元気です。

そして、私がブンロン!!

というと、

ソンワンはすぐそばにいるブンロンのそばに行ってくれ

ブンロン、フミコ、サワデイ―カ!


ブンロンにリャンリャンとソンワンは言いましたが、

高い声は聞こえませんでした。

ブンロン、リャンリャン、言えるようになっているのでしょうか???


ブンロンは、サワデイ―カをして、耳はパタパタ、しっぽはふりふりでしょう。

嬉しいようです。


ソンワンは、

ブンロン、デイー(いい)と何度も言いました。

私も、
ブンロン、デイー、ブンロン、ラック(愛している)、ナーラック(可愛い)

を連呼しました。


スリカムがいってしまいましたね。残念です。

と私が言いました。


ソンワンは、しばし無言。


それで、ブンロンの話にしました。

ブンロンに話しかけました。

ブンロン、ラック、ラック、デイーナ、ナーラック、、、

キリがありませんね。4343

それでも、こちらから、電話を終えないと

ずっと、電話を切らないでくれるソンワン。

本当に、感謝です。


ブンロンが電話の向こうで、嬉しそうで楽しい感じが伝わってきました。

ブンロン、愛しているよ、恋しいよ。

元気でね、元気でね。









P1520902.JPG
続きを読む
posted by 見習いゾウ使い F at 12:23| Comment(0) | 日記

2018年06月27日

スリカムのこと ゾウ病院のボーナス獣医の投稿



スリカムのこと  ゾウ病院のボーナス獣医のfacebook への投稿です。

タイ語なのでグーグル先生とかに訳するのがよいですね。

新しい治療法で、また、立てるように、歩けるようになったスリカム。

そして、担当のマハウトがかわり、

元のテンと、新しくナイが世話をするように昨年なり、



生後二ヶ月でママを失って、しかもママからミルクをもらえていなかった劣悪の環境からタイゾウ保護センターにきたスリカム。

愛情深いマハウト達が愛を競うようにスリカムに接していました。

それでも、2年前森で倒れて、ほとんど立てないくらいに。ゾウ病院での新しい試みで、立てるように、歩けるようになり、愛する人達が増えて、最愛のマハウト、テンとナイに大切にされていたと思います。

スリカムは、鼻でキッスができました。
好きな人には、キッスを。
嫌いな人は、ぶつ。

555

キッスがどんどん増えていったのだと思います。

あんなに元気そうな写真やビデオがあったのに。

ヘルペスウイルスは、10歳以下のゾウさんを48時間以内に殺すそうです。

スリカムは、4歳、しかも骨に問題がある

せっかく立てるようになったのに、歩けるようになったのに。

運命とは残酷なものです。

スリカム、あなたは愛情深く可愛い。

とても強くてスイート。

まだ信じられません。

ゾウ病院の皆様やセンターの皆様、特にテンとナイ、色々ありがとうございます。

ただ悲しいです。
スリカム、Rest In Peace . 愛しているよ。

これだけ沢山の人達とコミュニケーションをとれたゾウさんは珍しいと思います。


posted by 見習いゾウ使い F at 06:21| Comment(0) | 日記

2018年06月26日

ブンロンのショーでの定位置

P1520879.JPG

昨年12月タイゾウ保護センターに行った時、数回ショーに行きました。

いつものように、マハウト達がゾウさんに乗ったり下りたりするデモンストレーション。

ブンロンは、毎回この丸太に頭をちょっと乗っけます。


始めは危ない!と思いましたが、

ゆっくり横になるので、頭をぶつけるというよりはちょっと乗っける感じです。


いつも同じ位置。

なんだかすごいですね。4343

この後は、ビデオを撮影している私のほうに来ました。


私がずっと見ているのをわかっていますね。4343


こうやって心が通じる感じです。

私が見ているのを見ている、

でもちゃんといつものことは、やる

大人ですね。4343


随分前ですが、バイトンが、まだ小さい時に

ショーの最中に私が観覧席の前にいったら、私のほうに来てしまって(955)

マハウトのノムは止めなくて笑っていて

私が観覧席の後ろにいったことがありました。


結構こういうところがタイっぽくておおらか

マイペンライですね。555




posted by 見習いゾウ使い F at 17:48| Comment(0) | 日記

2018年06月25日

ようこそ日本へ


6月8日から15日ま、

タイゾウ保護センターのゾウ病院のもと院長で、
今はセンターで特別アドバイザーになっていらっしゃる獣医ご家族(奥様は、テンモーちゃんの主治医の一人と1歳3か月の愛娘ちゃん)が日本にいらっしゃいました。

それで6月8日は成田空港でピックアップ、

空港で回転すし、お嬢さんは、味噌汁のカニがきにいったよう。

9日はタイ人の友人がお台場につれていってくれ

池袋のうちの店に来てくれました。

しばし店で歓談し、

近くの南池袋公園へ。

芝生の上には沢山の人。

それから、前によくプレゼントしていたカップ麺の

一風堂へラーメンを食べに。


私は、6月13日に、上野のホテルからピックアップして

多摩センターのサンリオピューロランドへ。

その後、浅草浅草寺と、観光会館の展望台へ。

上野にもどって夕食、その後、散歩して

店を下見。


小さなプリンセスは、ストレスがあまりないのか、

約11時間一緒でしたが、泣き喚いたのは、2回、それも数秒だけ。

しつけられているのでしょうが、DNAも違うのかなあと。

サヌック(楽しい)が大切なタイ人。

でも、目を離せないですね。

すぐダッシュ!!

早い、早い。

街中や電車のホームは危ないです。


雨の日光や、河口湖へいって、忍野八海、富士山もみれてラッキー。

プリンセスが好きな鉄道博物館にいったり

築地や東京タワーとか、

お友達にあわれたとか。


プランが素晴らしくて、20枚くらいのA4のプリント

旅の楽しさは、より周到な準備でかわりますね。

ちいさなプリンセスがいて、それにそったスケジュールも素晴らしかったです。


ゾウさんの話は、ほとんどしませんでしたが、

ゾウ病院でゾウさん達がとてもお世話になっていますので、

少しでもおもてなしできてよかったです。


今度来たら、是非訪ねてと言っていただき感謝です。

それでもその申し出をいただいた時、

Thank you ! But my first priority is the elephants . 

ありがとう、でも私の第一優先はゾウさんです。

タイゾウ保護センターは色々変化していくときのようですね。4343

今年は、1度しかいけなさそうで、残念です。


日本にいらしてくださり、ありがとうございました!

そして、ご案内させていただきありがとうございました!

はじめてのサンリオピューロランド 楽しかったです。

プリンセスがとても良い子で元気で驚きました。



続きを読む
posted by 見習いゾウ使い F at 15:18| Comment(0) | 日記

2018年06月22日

昨年のブンロンのヘルペスウイルス


6月19日ヘルペスウイルスで、他界したそうです。

まだ信じられません。

前にも書きましたが、

その知らせをfacebookに書いてくれたスタッフが

10歳以下のゾウさんがヘルペスウイルスに感染すると48時間以内に死んでしまうと

教えてくれました。

昨年ブンロンが土を食べておなかを壊し、病院に入院していた時、

他の入院したゾウさん達、(シンハーやカイワン)より、

ずっと長く入院していました。


あとで聞いた話では、ブンロンはヘルペスウイルスに感染したそうです。

幸運なことに、ブンロンはゾウ病院に入院していて

獣医が気が付き、すぐに処置をし、

生き延びたようです。

もちろんブンロンがおなかを壊していても強い子であったのでしょう。


ブンロンは、とてもラッキーだったと。


スリカムは、体が弱く、それでも強い子で、一度倒れたのに

立って歩けるようにあっていました。

でもブンロンのような強さはなかったでしょうし、

病院ではなく、森の中にいました。



ワクチンはあっても、効かないことが多いとか。

まだまだですね。


可哀想です。

可愛いスリカム、まだ、信じられませんが、安らかに眠ってください。

それでも、私のそばにいてね。

他の子達と一緒に。

35542748_10213911883604767_653287911818526720_n.jpg
Danger氏の写真 今年のスリカム 最愛のマハウト達(テンとナイ)


P1340058.JPG
2016年9月 ゾウ病院にて  ほとんど立てません。


続きを読む
posted by 見習いゾウ使い F at 12:35| Comment(0) | 日記

2018年06月21日

ゾウの百科事典


日本語版です。

ご参考に。


posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年06月19日

Baby elephant kiss Sricome memory on 26th Dec.2017 スリカムの思い出をYouTubeにアップロードしました。





このビデオは2017年12月26日に撮影しました。

スリカムは2018年6月19日朝4時にヘルペスウイルスで、他界しました。

彼の骨にはすでに問題がありました。 

スリカムは、好きな人達にキッスをします。特にゾウ使いのテンやナイに。

スリカムは、強くて、面白くて可愛いです。

安らかに眠ってください。恋しいです。私の可愛いスリカム。


posted by 見習いゾウ使い F at 19:26| Comment(0) | 日記

スリカムの死因 ヘルペスウイルスについて


35542748_10213911883604767_653287911818526720_n.jpg
写真はDanger Changkarn 氏より


スタッフの方に色々聞きました。

彼女はスタッフであって、病院勤めではありませんが色々教えてくれました。

ヘルペスウイルスは、10歳以下のゾウさんを48時間以内に殺すものだそうです。

また、抗ウイルス薬があるそうですが、効かない場合が多いそうです。


スリカムは昨日ゾウ病院に入院し、今朝4時に他界したそうです。

あっという間、いくらそういう危険なウイルス感染とわかっていても

信じられないでしょう。


交通事故で亡くなったようなものという感覚でしょうか。

気持ちをどうしていいか、わかりません。

ただ、悲しくて、

5月にスタッフのYouTubeで、テンがスリカムに水をかけているのを見て

ああ、元気にしているなと思い、

数日前に、facebookでだれかがスリカムに肌をブラシ掛けしているのを見て

ああ、皆に愛されているんだなあ、スリカムよかったなあと思っていたところでした。



หลับให้สบายนะ ศรีคำ
Rest in Peace Sricome.

スリカム、恋しいです。750キロあったそうです。





posted by 見習いゾウ使い F at 17:44| Comment(0) | 日記

スリカム、rest in peace .

さきほど、facebookでタイゾウ保護センターのスタッフが

Sricome memory と写真をアップしっていました。

Memory ???
胸騒ぎ

コメント欄をみると 涙マークがいくつか


それで理解しました。

でも、何がおこったの?と英語で聞きました。

ヘルペスウイルスで、スリカムはなくなりました。


涙と嗚咽。

とまりません。

すぐにテンに電話をしました。

スリカムが、死んだ、


涙、涙

テンが色々言います。タイ語なので、私にはまずわかりませんが、

わかるような気がします。

何時?と聞いたら、4時半?

それが今朝なのか、昨日の午後なのか、その時はわかりませんでした。

スタッフに確認したら、今朝の4時にゾウ病院でだそうです。

スリカムは、テンをとっても愛していたよねとかそんな話をしました。

テンは、スリカムはフミコのことを愛していたよと。

スリカムは、シャワーが好きだったとか、

そのビデオをyoutubeでみたよとか。

なかなか、電話を切れませんでした。

言葉はわからないけど、悲しい気持ちは同じなので。。、


chodhee (Good luck )Take good care .と何度もテンに言いました。

テンやナイが心配でもあります。

そのあと、今まで、facebookのスタッフに色々聞きました。


スリカム、恋しいです。REST IN PEACE .安らかに

หลับให้สบายนะ ศรีคำ



続きを読む
posted by 見習いゾウ使い F at 17:26| Comment(0) | 日記

2018年06月04日

ワナリーとバナナ

私はタイゾウ保護センターに行く時に

チェンマイ空港のそばの大型スーパーに立ち寄り

ゾウさんへの生のフルーツや野菜などを

買い求めています。


そして、いつも大きなバナナを一房買い求めます。

それは、タイゾウ保護センターでゾウさん用に売っているバナナとは

種類が違うようです。


センターのバナナは、一本の長さが15-20センチくらい?

それが10本くらいついて20パーツ(約70円)

スーパーの立派なバナナは一本が20-30センチくらいで

香りがとてもよい、お供え用かなと思えるくらいです。


前にヒメさんが、ゾウさんがバナナが好きだから

それをあげて下さいとお金を送ってくれたことがあって

それ以来、私は自分のゾウさん達用に

買い求めています。

10-15本ついて200-280バーツ(700-1000円)

かなりの高額ですので一房だけ。

それを数日置いて、熟させます。

香りがとてもよいです。

実は、そのバナナをずっと買っていますが

ほとんど自分では食べたことがありません。555

貴重ですからね、ゾウさん達に皆あげます。


先日そのバナナを2つにカットして、

水浴びのゾウさん達が、水浴びから上がる所で待ち伏せし、

そのバナナをあげていました。

14こにしたと思います。

皆の口の中にいれたと思ったら、

ワナリーが後から来ました。

あれ?14頭じゃなかったの?


ショーにでる子達の数は毎日かわります。


もうバナナはありませんから、

ほかのものをワナリーにあげました。


そうしたら、ワナリー動きません。

あれ?違うでしょ。あのバナナでしょ。

皆が食べていたバナナでしょ。

とワナリーは私を促します。

他の食べ物ではごまかされません。

ワナリー、ごめんなさい。

バナナは明日!

ごめんね。

ワナリーは、ちょっと怒っているようでした。

マハウトのティアムがパイといって

ワナリーを動かしました。

ワナリー、ごめんね。

ワナリーは皆がバナナ、しかも香りがよい普段食べられないバナナをもらっているのをみて

もちろん、自分ももらえる!と

少し駆け足気味に笑顔で私の所に来たのに

何で??バナナは???

となったようです。

ごめんね、ワナリー。

次の日の朝の水浴びの時、

ワナリーにそのバナナを二本あげたことは言うまでもありません。

ワナリーは、満足そうでした。

そう、これが欲しかったの、わかっているね。

これでワナリーが私を許してくれたかは、疑問ですけど、

取り敢えず、私が前日にバナナをあげなかったことと
その日ワナリーにたくさんあげたことは覚えていてくれるかなと思います。555


posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年06月03日

2017年12月27日タイゾウ保護センター ショーでのブンロン パート2

P1520898.JPG

P1520900.JPG

P1520903.JPG

タイゾウ保護センターのショーで、

マハウトがゾウさんに乗り降りしたり、指示を出したり

それが終わると、ブンロンは、バックヤードにもどります。

ブンロンは、ビデオを撮影している私のところに真っ直ぐにきました。

それで、ショーグラウンドの端で

ブンロンを待っていて、

ブンロンと声をかけます。

ブンロンは、私を目指してきてくれます。


可愛いブンロン、雨の中、寒くないかとちょっと心配。

ソンワンは、ブンロンに

ボン!と言って

ブンロンは鼻先を高くあげ口を大きく開けます。

もちろん、食べ物催促!!555



可愛いね、愛しているよとずっと話しかけます。

ソンワンは私が

モウリャオ!(おしまい)というまで、

ブンロンをそのままにしてくれます。

ありがたいです。


大きくなったブンロン黄ハート黄ハート黄ハート


posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年06月02日

Baby elephant and his beloved mahout (Sricome and Nai ) ゾウの赤ちゃんとゾウ使いをYouTubeにアップロードしました。



スリカムはママが亡くなった孤児です。体に問題があり、
2016年から9か月ゾウ病院に入院していました。

今は随分よくなってきました。

スリカムは、世話をしてくれるマハウト達が大好きです。
そして彼らもスリカムを深く愛しています。

スリカム、幸せで、健やかに。タイゾウ保護センターにて。2017年12月27日
posted by 見習いゾウ使い F at 19:29| Comment(0) | 日記

Baby elephant kisses his beloved mahaut ,(Sricome ) 27th Dec.2017 ゾウの赤ちゃん愛するゾウ使いにキッスをYoutubeにアップロードしました。



スリカムは、マハウトのナイが大好き!

キッスも大好き黄ハート 555

posted by 見習いゾウ使い F at 19:25| Comment(0) | 日記

2017年12月27日タイゾウ保護センター ショーでのブンロン パート1

P1520885.JPGP1520886.JPG

P1520888.JPGP1520891.JPG

P1520894.JPG P1520895.JPG

P1520894.JPG  P1520896.JPG    P1520897.JPG  

冷たい雨の中、最愛のマハウトのソンワンと一緒のブンロン。

ソンワンがブンロンに乗ったり下りたり、ブンロンが地面に落とされたコーを拾ったり。

横になる度に、毎回丸太のところにブンロンの頭が行くので

ちょっと心配でしたが、毎回同じ位置というのが、すごい技だと思いました。

ブンロンは、声をかけている私のことはわかっています。

可愛いブンロン。

まだ、ソンワンはブンロンに時々、食べ物を口にいれています。

ソンワン、ありがとうございます!

甘えん坊の性格は、最初のマハウトのシーラの時から変わっていませんね。555

可愛いブンロン! 愛しているよ♡

恋しいです。



posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年06月01日

2017年12月27日スリカムとマハウトのナイ

P1520933.JPG

P1520934.JPG

タイゾウ保護センターのナースリーにて。スリカムとナイ。

スリカムには、マハウトのテンとこのナイがついています。

ナイは、ドッゲオのマハウトでした。ドッゲオはナイが大好きでいつもナイのあとをついていっていたと
スタッフから聞いたことがあります。

ナイは、カイワンが小さな時に、カイワンの世話もしていました。

その時は、まだ慣れていなくて、よく木の枝をカットして、

カイワンがやんちゃな時、カイワンをナイはたまに軽くたたいていました。

私は、それに憤慨したものです。

カイワンはぶたれても、ナイのほうに行っていましたから、

ナイの気持ちのやさしさはわかっていたと思います。

また、養母のプンプアンもナイは受け入れていましたから、

ナイは、赤ちゃん担当として最初からうけいれられていたのだと思います。

よいマハウトは、ゾウさんをむやみにぶちません。

私にも枝を渡してもらいましたが、

赤ちゃん達が突っ込んできたら、

眼のまえで棒を一振り。

そうすると来るのをやめると教わりました。

私は、そうしていましたし、

ほとんど棒をふったこともありません。


タイゾウ保護センターでは、赤ちゃん担当のマハウトは限られているように思います。

無条件な愛情をもて、献身的なママのような人達が選ばれているような気がします。

もちろん、そうでない人や、人間ですので、そうでない時もありますが。


ナイは、カイワン、ドッゲオなどを世話して今は、スリカム。

ドッゲオの時は、とてもドッゲオに愛されていたようです。

昨年12月にお会いした時に、

ドッゲオが恋しいといわれていました。

ドッゲオのことは、忘れられないですよね。4343


タイゾウ保護センターのゾウさん達で、帰る場所がある子達は、

いつ帰ってしまうかわかりません。

特に小さなゾウさん達を世話していたマハウト達は、

より長い時間ゾウさん達と一緒だったゆえに、

より、恋しく思うのではないでしょうか。

マハウトは人間ですから、

辛いことは忘れるのかもしれませんが、

可愛いゾウさん達のことは、忘れられないですよね。4343





posted by 見習いゾウ使い F at 19:45| Comment(0) | 日記