2017年11月16日

スリカムのキッス


スリカムが、マハウトの1人にキッスをしている動画を

タイゾウ保護センターのスタッフがfacebook にアップロードしてくれました。

マハウトとの愛情と書いています。

ありがとうございます!


彼女にはキッスしないのかもしれませんね。


ホームステイスタッフのギーにはキッスすると言っていましたから、

それでも人を選ぶんでしょう。


足のマッサージをしているそうです。


スリカム、足の骨の問題ですね。

せっかく立てるようになったのに。


posted by 見習いゾウ使い F at 00:22| Comment(0) | 日記

2017年11月06日

ラオスの国家資格ゾウ使い免許書の話にご用心


先日ラオスで1日で、(または3日とかで)

ゾウ使い免許書、しかも国家資格がとれるという話があると聞きました。


タイでは、ゾウ使い免許書は、まずないと思います。


タイゾウ保護センターで、ツーリストに出されるものは、

マハウトコースとかのコース修了書のみです。

マハウトスクールの30日間コースでも

コース修了書であり、マハウト認定書ではないと思います。


なぜなら、マハウトには、コースをうけたからといってなれるものではないから。


タイ人の即席コースでも1、2ヶ月かかり、それは見習い。

それから数ヶ月、数年。


ゾウさんとの相性もあるから、全てのゾウさんのマハウトになれるとは限りません。


それなのに、1日で???

ネットには、国家資格がとれるツアーとかものっていてかなり??


ネットにあがっているその国家資格のゾウ使い認定書?と言われるものを読むと


マハウトコースの修了書であり、マハウトの資格書ではなく

それを認定しているのは

旅行業社、または、そこのゾウキャンプであり、

ラオス国家ではないですね。

上の方に書いてあるラオスというのは、

そこの旅行業社やゾウキャンプの住所の中の国でしかありません。


確かに誤解しやすい書き方をしていますが、

ゾウさんは、人間を選びますし、

ツーリストが簡単にどのゾウさんにも一日とかで

意思疎通ができることは、ないでしょう。

しかもゾウ使い認定書はないでしょう。


この修了書は、英語で書かれていて

英語がよくわからない日本人だからの話なのでしょうか。


そして、それにのっている旅行業社もあるようです。

多分誰かが英語のやくを間違った、

または、現地のガイドさんが、

冗談で

これであなたはマハウトになれた!

とかいったのが、

ラオスで1日でゾウ使いの国家資格がとれる!!

になってしまったのかもしれませんね。


マハウトになること、

ゾウさんと付き合うことは

そんなに簡単なことではないと思います。


まずは、ゾウさんを笑顔に!!


posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年11月05日

ロイクラトンの歌

今年のロイクラトンは、早いですね。

昨夜チェンマイでは、熱気球をあげたようです。

川にはロイクラトンの灯篭がながさていました。


ロイクラトンは収穫のお祭りで、祈りをこめて灯篭を流すとのこと。

私がロイクラトンの灯篭を流したのは一度だけ。

ゾウ病院に長期入院中のテンモーちゃんと一緒に過ごした時

私の願いはかないませんでしたので、

悲しい思い出です。


IMG_7903.JPG

IMG_7908.JPG

IMG_6906.JPG

IMG_6907.JPG

それでもあの夜、テンモーちゃんと仰ぎ見た月と熱気球を思い出します。

テンモーちゃん、愛してるよ。恋しいです。

ビデオは、テンモーのマハウトのテンがロイクラトンの歌を語っています。

テンモーちゃんも?555



posted by 見習いゾウ使い F at 06:43| Comment(0) | 日記