2017年06月28日

用語集5 (ターワン先生)

IMG_3813.JPG

ターワン先生  

先生をつけているのは、私の先生だからです。

ブンブアンのマハウト歴は20年以上。

元アユタヤでシェフ、エビやカニなどのアレルギーで

シェフをやめ、兄弟がマハウトのタイゾウ保護センターへ、

奥様と一緒にうつってきてマハウトになる。

娘が2人。

元シェフだけに、料理はお得意。

ブンブアンに、言葉でよく話しかける。

動物好きで、犬や他の動物を飼っている









posted by 見習いゾウ使い F at 15:16| Comment(0) | 用語集

2017年06月27日

用語集4. ( ブンブアン)


ここで、欠かせないブンブアンとターワン先生

ブンブアン

メス、今年36歳くらい
ママと、ドネーションされてきたらしく、

生まれた月日は、マハウトのターワン先生は知らない。

それで、お誕生日祝いは、ターワン先生と一緒にしています。

牙は小さい、以前に故意におられたらしい。

性格は、穏やか、複数のゾウさんと一緒だと、1番後ろになる

赤ちゃん、子供のゾウさんが好きな性格ゆえ

アイアイ、ブンロン、カイワンと養母をつとめた。

素晴らしいママである。

どのマハウトも乗れる。

バナナやリンゴが大好き。

スイカやココナッツ、パイナップル、みかんも大好物。

食い意地がはっており、

どのゾウさんもそうだが、

食べ物でふざけてはいけない。

鼻ではたかれ、5メートル飛んだツーリストやマハウトの話あり。


高い声を出しておしゃべりする

マハウトは、ターワン先生、

タイゾウ保護センターにきたばかりの時は、

ティアムが約1年、その後ターワン先生だったとのこと。(ディアム談}


ターワン先生の言うことを、5回くらい言われればきく。

8年前は3回目できいていなような?555

ブンブアンは、認定試験でターワン先生とバス

この試験は、ゾウさんとマハウトのコミュニケーション能力の認定試験らしく、

いくつか級があるらしい。

ブンブアンは、普段なかなかターワン先生の言うことを聞くまで時間がかかるが、

空気を読んで、やる時は、やる、できる子のようだ。



アリーナ、メスが今の所唯一の子供、アリーナは今年12才?

第2の子供ジャパンを死産。

私が2009年7月末、初めてのマハウトコースのゾウさん。

2017年3月、体重は4070キロ

獣医からダイエットを言われている


IMG_2789.JPG



IMG_4881.JPG


IMG_0999.JPG





posted by 見習いゾウ使い F at 05:23| Comment(0) | 日記

2017年06月26日

五年前のブンロンとブンブアン光るハート


facebook で5年前のブンロンの写真を見つけました。

この日はシーラがおやすみで

ビーノイと、ターワン先生とテン。

この中では、ターワン先生がボスで

テンがブンブアンに乗っています。


ブンブアンは、急ぐテンの言うことを聞かず、

おいしいであろう草を貪欲に食べていて

テンがイラついていたのを覚えています。


テンは、赤ちゃん達には、心が広いのですが、

ブンブアンには、そうでなかったような。555


ブンブアンも、食べるのを邪魔されて

ご機嫌斜め。

そういうブンブアンは、初めてだったかも。


ブンロンは、まだ1歳になっていない時、

可愛いですね、

ブンロンもブンブアンも。


IMG_3708.JPG
posted by 見習いゾウ使い F at 01:06| Comment(0) | 日記

2017年06月25日

用語集 3 (モウリャオ}

この言葉は、よくでてきます。

ゾウさんが、食べ物を何度か催促する時

モウリャオ!

終わり、もうない、

そんな感じだと思います。


私のモウリャオは、モウリャオでない時が多いので

ゾウさん達は、中々きいてくれません。555

まあ、モウリャオと言いながら

また、もう1つとあげる私のせいなんでしょうが。555


IMG_3607.JPG

posted by 見習いゾウ使い F at 08:27| Comment(0) | 用語集

2017年06月24日

タイゾウ保護センター内森の精霊へのお供え




IMG_3695.JPG


IMG_4892.JPG

この写真は2009年のようです。555

森の中でランチのコースだったと思います。

数人のVIPコースで、1番のベテラン?のマハウトが皆を代表して

まず最初に

森の精霊へ、食べ物と飲み物を捧げます。

タイ人の言う

ビー

でしょうか。

森の中にも精霊がいる

日本の神道ににていますね。

私も一緒にお祈りします。

他のマハウトやツーリストやスタッフは、しなかったと思います。555

ナーサリーにもお供えの場所があります。ゾウ病院はガネーシャ、マハウトトレーニングスクールもガネーシャ。


森の中は、不思議な空間があります。

生けるもの全ての呼吸を感じさせる空気が濃いです。

歓迎されている感じさえあります。


ゾウさん皆を守ってください。

この森を守ってください。


この時はそんなことをお祈りしたかもしれません。






posted by 見習いゾウ使い F at 09:44| Comment(0) | 日記

2017年06月23日

Kid elephant greeting Boomlong in September 2016.ゾウの子挨拶 ブンロン をYoutube にアップロードしました。


Kid elephant greeting Boomlong in September 2016.ゾウの子挨拶 ブンロン をYoutube にアップロードしました。


ブンロンは、ショーの最中自分の出番が終わり

最後の出番まで、バックヤードで待っています。

この時、私はバックヤードが見れるところまでいって

ブンロンに声をかけました。

鼻を回すの、ブンロンは好きですね。

頭を上下にふるのも。

とても可愛いです。




posted by 見習いゾウ使い F at 08:26| Comment(0) | 日記

2017年06月22日

用語集パート2(マイベンライ、555)

3, マイベンライ   意味、気にしないで。
    タイ人がよく口にする言葉  

日本人と違う使い方もする
 例えば、タイ人が謝る時、ソーリーナー(英語のソーリーにタイの接尾語ナー」、マイベンライナ。
  意味、ごめんなさいね、気にしないでね。
,
4, 555 55555
    タイ語の数字の5、発音はハー
    そのため、笑い声、数はその時の気分で。



posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 用語集

2017年06月21日

用語集 パート1(タイゾウ保護センター、マハウト)

見習いゾウ使いのブログをご覧いただきありがとうございます!

見習いですらないですが、ゾウさんが好き光るハート

このブログに迷い込んだ方が、

最初に戸惑うのは、

説明されていない言葉


マハウト?それなに?

ブンブアン?ブンロン?

555? 暗号??

マイベンライ? それおいしいの?



そこで、今更ですが、

用語集を作ろうと思います!(イェーイ!)

ゾウさんのことしか、考えていない私にしては、画期的です!

自画自賛!555

私にもきっと役にたつに違いありません。


記憶の間違いや勘違いはよくあることなんでマイベンライ!です。


1,タイゾウ保護センター   英語名 Thai elephant conservation center 


タイの北部、チェンマイから、バンコクに通じている国道沿い、ランバンにある。チェンマイからおよそ80キロ。

土木公社が母体のため、ショーなど、ロッギングのテクニックを披露している

東京ドーム約14コ分(柳楽優弥のきみもゾウ使いになれる!本より)の敷地

ゾウ病院、mahout training school , Chiangmai Thai ロッジ、ゾウ墓地、

キャンプ場、ホームステイ先、ロイヤルエレファントの住居もある。


2.マハウト  英語 mahout これは、インドの言葉、昔イギリス人がゾウを扱っている人をみて、マハウトという言葉を知り、そのまま英語になったーウィキペディアから。
タイ語  ควาญช้าง
人、ゾウ

ควาญคชาชีพหัตถาจารย์ควาญช้างมหาด
マハウトでグーグル先生がだしてきたマハウト。



posted by 見習いゾウ使い F at 23:36| Comment(0) | 用語集

スイカはよく洗って


タイでは、スイカは、農薬を沢山使っているようで

よく洗ってから、ゾウさんにあげるようにとあります。

場合によっては、水に薬をいれ、30分から1時間ひたしてからというアドバイスもあります。


私は、水で洗ってからあげていますが、

タイではスイカの甘みを出すために

スイカに甘くなる注射をすることがあるとのことで

気をつけなくてはいけないようです。


それにしても、タイのスイカは、甘いのが多いです。

一年中ありますが、1番暑い4月は、スイカが甘いと思います。

赤ちゃんは、スイカの皮はまだ食べられません。


スイカは、人間には、身体を冷やすようですが、ゾウさんにもそうなのでしょうか。

ゾウさんは、スイカぎ大好きだと思います。メロンも大好きですね。



posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年06月20日

私が使うタイ語 パート2 モウリャオ!

Youtube にアップロードしたビデオをみていたら、

川の中にシンハーとカイワンがいて、
シンハーが立ち上がって
こちらを見ていました。

こちらにきそうな感じ。

それで私が、

モウリャオ!

と言うと、

シンハーは後ろにさがりました。


シンハーは意味がわかっているのですね。

モウリャオ!

もう終わり!もうないよ。

よんな感じです。

このビデオの前にシンハーは川から上がって私の方にきて、スイカを食べていました。

この言葉はよく使いますね。

私がモウリャオといっても

効かない子達も結構いますけど。5555

IMG_3599.JPG


posted by 見習いゾウ使い F at 15:50| Comment(0) | 日記

2017年06月18日

カイワンのフェア


昨年9月のビデオ検証が続いていますが、555

シンハーがスイカを二切れもらって、私からモウリャオといわれあきらめたあと

カイワンは川からあがり、

ビーノイから食べ物を2度もらっても、私の方にスイカをとりにきました。



ビーノイが止めようとしていますが、

カイワンは私の方に来ます。

こうなると止められないですね。


私がスイカを一切れ、あげ、


IMG_3607.JPG

それでもカイワンは、どんどん来ます。

それで、私はスイカを一切れ、ビーノイに渡し

ビーノイがカイワンの口の中にいれ、

カイワンを引っ張って川に戻しました。


カイワンは、最低2個は、もらわないといけない!

みたいな感じですよね。555


それは、ケランも2個、シンハーも2個もらっているのを見ていたのでしょう。

だから

最低2個はもらわないとアンフェア!

なんでしょうね。

少なくとも数、2個までは認識している。

もっと欲しい!けど、

最愛のマハウトのビーノイが来いってひっばるから仕方ない。

きっと後でまた、スイカをもらえる光るハート

と思っていそうです。555



posted by 見習いゾウ使い F at 20:47| Comment(0) | 日記

シンハーと、モウリャオ

シンハーには、ケランにスイカをカットしたものを2個あげたあと、
2個あげています。


その続編が


その最初、

川に横たわったあと起きたシンハーが

カメラを構えている私の方に向かって来ようとした時

私が

モウリャオ!(もうないよ、終わり)

と言っています。

IMG_3599.JPG

シンハーは、止まって鼻先を口の中にいれて、

立ち止まっています。


私の言葉がわかったんですね。


口の中に鼻先をいれて、さっきのスイカの味を出し思っているのでしょうか。

欲求不満? 

欲しいのに、、。



posted by 見習いゾウ使い F at 10:16| Comment(0) | 日記

2017年06月17日

ゾウさんのチェーン


タイゾウ保護センターでも、ゾウさんは、その場所にいる時は、チェーンを足にされています。

そして、そのチェーンの先は固定されています。

ナースリーなどにいる柵にいる場合の赤ちゃんを除いては。


さきほど記事をあげたタイ人母娘さん達の話で、

チェーンをされているゾウさんを見ると辛い。自由であるべきだと。

確かにそうですよね。4343


私はタイゾウ保護センターでチェーンを見るとやはり辛くなります。

このチェーンはツーリストを守るためだったり、そのゾウさんが他につれていかれないためだったりしても。


さきほど紹介したelephant Nature Park 

では、チェーンなしというのがうたい文句です。

よいですね。


その話の中でレスキューされたゾウさんは、何度もキャンプを逃げたしたとか。


タイゾウ保護センターでも、チェーンを切って、

ナースリーに行ったり、

好きな女子に会いにいったり、

他のゾウさんのところのバナナを食べたりする話を聞きました。555

ひろい敷地ですから、敷地以外にでるという話はたまたままだ、聞いたことがありません。


そういう話を聞いて、

ゾウさん達は、チェーンを切ろうと思えば、切れる。

ただ、普段は、切らないだけなのかなと思います。


私が知っているのは、おとなしく見えるワナリー、彼女がチェーンを切って、プンプアンがいる近くの

ターワン先生がプンプアンのために植えたバナナを食べつくした話には驚きました。

前にも書いたと思いますが。


ターワン先生曰く

プンプアンは、ワナリーにバナナを食べられて、とっても悲しがっていたと。


555

プンプアンらしいですね。怒ったりしなくて、悲しんでいる。555

だから、プンプアンが妊娠中で乗れない時、私は他のゾウさんに乗らなかったのです。

プンプアンは怒ったりしなくて、ただ悲しむだろうからと。4343.

プンプアンの性格ですね。4343





posted by 見習いゾウ使い F at 19:42| Comment(0) | 日記

何度もキャンプを逃げたゾウさんの話

これも   youtube                     


このゾウさんは、何度もキャンプから逃げたしている。そして、今回は Elephant Nature Park に走っている。(これはこのママと娘の力でおこったことのようです。彼女たちがこの子をレスキューしたと)
もし、このゾウさんが、Elephant Nature Park にとどまったら、それは彼女がここでハッピーということでしょう。彼女はここに住む自由を手にいれた。
This elephant escaped from her camp many times, running toward Elephant Nature Park for the solace of the other herds. It seems as if she knows that she will be happy if she can stay at ENP. Today, she has the freedom to live in the natural surroundings at Elephant Nature Park.

このvideoで、この母と娘は、タイのゾウさんについて語っています。

昔ゾウさん達は、キングのために、国のために戦った。
今は、人間を笑わせるために働いている。
それをすまなく思う。
ゾウさんは自然のものだから、働く必要はない。フリーダムであるべきだ。

色々なところをまわって、この子に出会った。何度もキャンプから逃げ出した子。

この子をレスキューしたい。

超訳ですけど、こんな感じだと思います。

タイ人でも、ゾウさんが人間のために働くことに、否定的な人たちがいるのですね。4343
そして、そういう人たちが選ぶところが、

Elephant Nature Park  タイ人ではなく、西洋人がオーナーです。

昨年?か一昨年タイゾウ保護センターのスタッフがあそこはタイ人ははいれないといっていました。

この場合は特別でしょうが。ゾウさんはもちろん、ok.

この子は、ここが気にいれば、ここにいるでしょうね。

そうでありますように。今まで何度も脱走したことが実を結びますように。

レスキューした方たち、ありがとうございます!





posted by 見習いゾウ使い F at 18:39| Comment(0) | 日記

2017年06月13日

シーラとドッゲオ、2017年3月16日


ブンロンのマハウトのシーラは私をピックアップしに、ナースリーにきてくれました。


そして、ドッゲオとご挨拶。

シーラは、ドッゲオも好きですね。


シーラは赤ちゃんのゾウさん達が好きなんでしょうね。4343



P1370529.JPG

P1370530.JPG


posted by 見習いゾウ使い F at 15:15| Comment(0) | 日記

タイゾウ保護センターのゾウさんの水浴び 2017年3月

IMG_3321.JPG

タイゾウ保護センターでは、日に2回、午前中と昼すぎにゾウさん達の水浴びがあります。

9;45からと13;15から?

IMG_3320.JPG

最初に観客席の前にこうやってならんで、スタッフがゾウさんへあげるトウモロコシや、バナナやサトウキビやセットを販売しています。

それをツーリストが買って、ゾウさんにあげます。

ゾウさん達の並び順は決まっているようですね。

その日によって、お休みの子がいたりしますが。


私は、ゾウさん達が来る前に、

そのすぐ上のゾウさんのタクシーの乗り場のところで、

バナナとかを買って、用意します。


初めてじゃないですからね555

通っていますから、スタッフも顔見知りです。


そして、早く来た子に

まずはあげます。

口を開けてくれ、

一つあげても

口は開いたまま。555

もう一つあげます。

555

そういうことの繰り返しになるので、

私が、

モウリャオ(終わり)


555

そのうち、他の子達が来ます。

そうすると、皆にひとつづつあげます。


この話は何度も書いていますが、

水浴びを見る時は

毎回、食べ物を皆にあげます。

14頭ぐらい。その日によってですが。


小さな子達はすぐ口をあげますね。


ゾウさんって、いつまで口をあけていれるのでしょうか。

ばったりゾウさんにあっていきなり口を開けられると

焦ります。

食べものを探して、口にいれるまでの時間が長く感じられます。


続く

posted by 見習いゾウ使い F at 14:29| Comment(0) | 日記

2017年06月12日

kid elephant bathing Kaiwan in September 2016. ゾウの子、水浴びカイワンをyoutubeにアップロードしました。



この前に、最初ケランが水から上がって私にスイカをねだり、

その後、シンハーがケランのように水から上がってきてスイカをゲット。

そして、カイワンは、ビーノイに何かをもらったにもかかわらず

私の元へスイカのためにきました。555


ビーノイにシンハーが甘えて口を開けたら

カイワンは邪魔しようとしていますね。555

心の狭いカイワン!555

私は2個目のスイカは、ビーノイに渡しています。

ビーノイはそれをカイワンに上げて、

カイワンを川に戻しました。


posted by 見習いゾウ使い F at 22:45| Comment(0) | 日記

2017年06月11日

ドッゲオのストーリーとネイチャーパークについた日 elephantnews(elephant nature park )より

YouTubeの
elephantnewsは、

elephant nature park の運営ですね。

その中でドッゲオの話がありました。


どうしてelephant nature park にいくようになったのかは語られていませんでした。
ドッゲオはタイゾウ保護センターでママがいなく、マハウトだけと。
でもマハウトと親しげな様子は一切なく、
マハウトのナイの後ろ姿、ドッゲオは遠くにいるシーンだけ。
作為的。

沢山のゾウさんがドッゲオを見にきて、コミュニケーションをとっていたようです。

videoの中で、ドッゲオはやんちゃだけど、、、とあり
ちょっと心配。

よいマハウトやよいゾウさんの仲間ができますように。

ドッゲオ!元気でね。グッドラック、グッドラック!!



Orphaned baby elephant : Dok Geaw’s Story              



The journey of orphaned baby elephant Dok Geaw              



P1370388.JPG


posted by 見習いゾウ使い F at 12:13| Comment(0) | 日記

私がよく使うタイ語パート1


タイ語は、ほとんど読めませんが、

ちょっとだけ話せます。

食べ物の名前とか。555


ゾウさんに言うのは

ナーラック 可愛いハート

ラック  愛してるハート

似てますね。日本語に。

ボンとかアバ

鼻をあげてとか口を開けて。


キンカオルーヤンカ?

ご飯食べましたか?

これはタイ人らしい挨拶。これは人間にいいます。

バイ(バイ)行け!

マッ 来て!

バイナイカ? どこ行くの?

これは聞かれる方が多いです。人間に。

最後のカは丁寧語ですね。

話し手が男性なら、カップ

ゲイなら、、、ハー光るハート    555  これはタイ人女子に聞いただけです。555

ディー   よい

これは私はナーラックと同じくらい、もしくはそれ以上使っています。

よいね、が口癖?555


IMG_3320.JPG






posted by 見習いゾウ使い F at 10:35| Comment(0) | 日記

2017年06月10日

英語の字幕をつけました。Sick baby elephant crying for good bye .Sricome .病気の赤ちゃんさよならの涙


YouTubeのvideo Sick baby elephant crying for good bye .Sricome .病気の赤ちゃんさよならの涙 に英語の字幕をつけまhした。

ほぼタイ語で、最後のほうは、下をうつしているだけで、タイ語とか声だけなので状況がわからないとのご指摘をうけました。

すみません。


それで状況をより詳しく説明します。




2016年9月 私が帰る前のvideo

スリカムは

P1340599.JPG
こんなふうに横たわっていて、videoでは、鼻が反対側下になっています。
私はスリカムと柵の中、柵の入り口は開いています。

マハウト達とスタッフは外。555


スリカムは鼻を伸ばし、私の右手の上に鼻を置いています。

小刻みに震えています。



目を閉じて、時々目を開けています。

それまで、目のまわりがずっと痙攣していたのがおさまったようでした。


スス―! (頑張って! 英語では、訳に迷いましたが、Never give up ! )

そして、その鼻先にスタッフが触り、

スリカムは目を開けました。

そして、また眼を閉じました。


マハウトがスリカムの涙をみて

カオチャイ。 (スリカムはわかっている、ーフミコが帰るのを)

私が

カオチャイ。


ナラックナー (かわいいね)

スリカム スス―ナー。


マハウトが

ロンハイリャオ。 (涙とか、だれかがいなくて寂しい、悲しい。、リャオはすでに。)

ナㇺター(涙)

私が

ロンハイ。

このあたりで、カメラは下をむいたまま。

多分私は、カメラを持っていた左手でスリカムをなでていたものと思われます。


スタッフが手を放し、スリカムが私の右手を強くにぎりました。


マハウトが、

ロンハイリャオ。

ロンハイチンチン (チンチンは本当に)

ナㇺター、ナㇺター(涙、涙)

スタッフも

ロンハイリャオ、ナㇺター。


こんな可愛い子!!愛さずにはいられません。


今年3月は、

IMG_2221.JPG
随分元気になりました。






posted by 見習いゾウ使い F at 14:42| Comment(0) | 日記