2017年02月21日

ブンロン、カイワンお大事に。



カイワンは、先週からやはり土を沢山食べたせいで、具合が悪くなったそうで病院にきているそうです。

先週聞きました。

報告が遅くなってすみません。


ブンロンは、あと二日したら、帰れるとシーラに昨日電話で聞きました。
ちょっと遅くなっていますね。

ちょっとね、とシーラが言っていました。

近くにブンロンがいたようで、しばらく、シーラの声が聞こえず、ブンロンの気配が感じられました。

電話をブンロンのほうにむけてくれているようでした。


ブンロンは随分よくなっているようです。

でも、カイワンまで。


同じ所の土を食べたようです。


辛いですよね。

早くなおりますように。

写真 撮影 2014 5月 Jack Quik 

IMG_05821.jpg

IMG_07851.jpg
posted by 見習いゾウ使い F at 14:35| Comment(1) | 日記

2017年02月15日

ブンロンの退院予定日


先ほど、マハウトのシーラに電話をしました。

ブンロンが病院にいると私が言いました。

病院にいるとシーラが繰り返しました。


ニッノイ(少し)とシーラは何度か言います。

タマリンドは食べましたか?と私が聞くと、

ニッノイ。

体調は悪くないですか。

ニッノイ。

食べてますか?

ニッノイ。


マイベンライ、ニッノイ。


555

今日で4日目だそうです。ブンロン、かわいそうに。


あと3日??でうちに帰るとのこと。
退院のめどが立っているのでよかったです。

早くよくなってね、ブンロン。


シーラは電話をブンロンに聞かせていて、私の言うことは聞こえていないようでした。555


私は少しの間、ブンロンの名前を連呼しました。そして、よくなってね、愛してるよ、可愛いブンロンとタイ語でいいました。

シーラが寒いって言っていました。

はやく元気になってね、ブンロン。


2014年5月
ゾウ病院で 再会で喜んでいるブンロン
IMG_0603.JPG

posted by 見習いゾウ使い F at 19:51| Comment(0) | 日記

ブンロンのお腹によいもの


土壌をたくさん食べて便秘になったブンロンに、

タマリンドがよいそうです。

知らせてくれた方が、マハウトはタマリンドを少ししか持っていなくて、
自分は明日タマリンドをブンロンに上げると、書いてくれました。

タマリンドの実をねったものは、ゾウ病院に乗馬していたはずですが、たまたま今品切れしているのかもしれません。

でも、こうやって、ブンロンのことを大切にしてくださる方が、近くにいるのは、とてもラッキーです。

感謝です。


IMG_6040.JPG

2016年9月


posted by 見習いゾウ使い F at 00:24| Comment(0) | 日記

ブンロン、お大事にしてください。


先ほど、facebookで、スリカムのことは、心配しないで、元気になってきてあるとコメントした人が、でも、ブンロンが病気だと。

土壌をたくさん食べて便秘だそうです。

点滴をしている写真を載せてくれました。

可哀想なブンロン!

お大事にしてください。

元気がなくて、辛そうな顔。

お大事にね。ブンロン!!

早く良くなりますように。

IMG_6040.JPG
2017年9月


posted by 見習いゾウ使い F at 00:02| Comment(0) | 日記

2017年02月13日

スリカムへのコマンド


昨年9月病院に入院していた2歳のスリカムとは、ナースリーで何度かそれまでに会っていて、とてもマハウト達に大切に、そして甘やかされていたと思います。

私はツーリストですが、そのナースリーにいたマハウト達は皆顔見知りで、食べ物をゾウさん達にあげるのもOKしてもらって、あげていました。

ただ、特別親しいことはなく、マハウトに甘えるスリカムの写真やビデオを撮影もしていました。


スリカムにそのころ、コマンドを言ったのは、

「アパ」

口を開けて!

食べ物をあげる時によく言います。

それ以外のコマンドは言うことがなかったと思います。

なぜなら、スリカムは、ナースリーの柵の中ですから。

一緒に散歩したことはありません。


9月病院にスリカムを訪ねた時、横たわっているスリカムを動かさなくてはならなかった時、クレーン車で引き上げていましたが、それでも自分で立ち上がったり、歩いたりしていました。

その時に、私はスリカムに声をかけ、手をうちました。

スリカムは、ずっと私を見て動いていました。

また、クレーン車なしで、立ち上がったり、歩いたりもしました。

その時もスリカムは私をずっと見て、頑張って動きました。


その時、スリカムの第一、第二マハウトがいなかったせいもあり、私はスリカムを手招きしていました。


「可愛いいスリカム!こい!こい!、よい子!」


その時スリカムは、私の声に応えたかのように、動き、立ちあがり、歩きました。

その時感じた不思議感は、スリカムが私のコマンドをすんなり受け入れていたこと。
コマンドは、立って!来い!横になって!口を開けて!

私はマハウトではないのに。


なぜ?

今思い出しても理由はわかりませんが、スリカムは、私が彼の所にくるのがわかっていたこと。そして、私に甘えることができたこと。私をとても愛していること。

今は随分元気になり、立って歩けているようです。

スリカムは、強い子です。

今度随分元気になっているスリカムに会う時、コマンドは多分たった一つ、

「口を開けて」

555





posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年02月12日

いずみさん、コメントをありがとうございます!


いずみさん、お久しぶりです!

コメントをありがとうございます!

人生、色々ありますね。4343

お身体も心もご自愛下さい。

わたしのことまでお気遣いをありがとうございます。

元気な時だけじゃなくて、コメントをお待ちしています。

わたしも元気じゃないと書けなかったりしますけど。555


ブンロンのこの写真は私も大好きです。

この可愛さは今でもずっとブンロンの瞳の中にあります。

ゾウさんは、忘れない。

ブンロンは2次元ではありませんが、この可愛さはそのままです。

IMG_8603.JPG
Photo by Jack Quik   2014. ブンロン


posted by 見習いゾウ使い F at 21:06| Comment(0) | 日記

2017年02月10日

マハウトとママ


随分前にご紹介した

アジアゾウ飼育、健康、管理マニュアルー象使いとゾウキャンプ管理
> 者のために」(日本語版)はAWRC(アジア産野生生物研究センター) さんが出しています。



に書いてあいたことで思い出したこと


ゾウの赤ちゃんの世話はできれば、マハウトの奥さんがかかわってくれるとよい、、、

とかなんとか書いてあったと思います。

それで、え?と驚いたことを覚えています。


それは、マハウト達が赤ちゃんにミルクをあげたり世話をするのに、なぜ奥さんがいたほうがよいのだろうかと。


そういえば、マハウトはゾウさんのママではないですよね。あんなに24時間体制で赤ちゃんの世話をしているのに。


そうだとすると、マハウトは赤ちゃん達にとっては何なのでしょう?

先生なのかもしれませんね、ママというよりは。

いつも大切にしてくれているから、ママなんでしょうが、ママというより、保護者?、先生?


ミルクを赤ちゃんにあげると、とても愛情が深まるとも本に書いてあったと思います。

それでも、赤ちゃんには、ママが恋しいですよね。4343


写真はブンロンがまだ小さい時
髪の毛がふさふさ。
P1160548.JPG



posted by 見習いゾウ使い F at 14:15| Comment(1) | 日記

2017年02月02日

タイゾウ保護センターへの行き方 How to go to Thai elephant conservation center


タイゾウ保護センターは、チェンマイから約80キロメートル、バンコクへつながる国道にそってあります。

私はいつも荷物が多いのでタクシーでいっています。

そこへは、チェンマイのバスターミナルからのバスがあります。バスはエアコンなしが、チェンマイから50bathsらしいです。


国道沿いのバス停から、しらくあるくと、シャトルバスや売店、カフェ、事務所があるところにでます。

そこで、入園料を支払うようです。(コースをとる人は、そういえば、入園料は必要ありません。)

そこから、ショーグラウンドやナースリー、ゾウ病院へは、約2キロメートルあるようです。555


また、ショーグラウンドでのマハウトコースの集合時間は多分午前9時ごろ、ショーグラウンド近くの事務所で受付ですが、それに間に合うように早めに行く場合、まだ、シャトルバスは動いていなかったと思います。

では、どうするか?

歩きます。555 アップダウンの坂道ですから、約30分くらいみておいたほうがよいです。

私は荷物が多いので、タクシー利用ですが、バスはちょうど午前8時半くらいにバス停に到着するのがあるようです。

その事務所の場所はわかりずらいですが、朝なら、人がもう働いでいますから、聞くとよいでしょう。


また、昼間に訪ねるなら、シャトルバスがあります。最終は結構はやいようです。


ただ、宿泊するために、あなたが初めて夜行く場合は、初めてのドライバーではちょっと大変です。
なぜなら、ホームステイ場所はちょっと奥まっています。あなたが、タイゾウ保護センター内を案内しなければなりません。
夜はほとんど人が外にいないです。

初めてコースをとり、初めてタイゾウ保護センターに夜タクシーで行くなら、コースを予約する時に迎えの車を頼むことをおすすめします。多分、空港で予約するのと同じくらい?の金額(1300baths)くらいで片道いけると思います。

私は、このブログに書いてあるように、最初はそれでお願いしていて、その方に問題があって、その後はチェンマイのホテルで紹介してもらい、最初高くいうので、今までの値段をいい、それでお願いし、その後はその友人を紹介してもらい、2人くらいの方から一人に直接お願いしています。

夜、バスはあると思いますが、初めてでしたら、あの2キロのアップダウンの暗いはずのところを歩くのはお勧めしません。

チェンマイやランパンへの帰りは荷物が少なければ、バスや仲良くなった方たちとシェアタクシーするとよいと思います。

バスの時間はホームステイスタッフに聞くとよいでしょう。

チェンマイ周辺の他のゾウキャンプはチェンマイのホテルや空港からの無料や有料のピックアップがありますが、ランパンのタイゾウ保護センターはそのようなサービスがなく、自力でいかなければなりません。

でも、広くて、森が深く、ゾウさんが元気で、ゾウ病院もマハウトスクールもあり、素晴らしいゾウさんと素晴らしいマハウトやスタッフがいますので、是非訪れてください。


また、ここのメールリスポンスは遅い、または返事がないことで有名です。555 マジで。
根気よく、数回メールしてください。

私は仲良くなったスタッフに直接お願いしています。
もう7年半ですので。

また、コースでゾウさん達に会う時は、ゾウさんとマハウトにおみやげを忘れずに。よくしてくれたスタッフにも。
沢山のツーリストがきますので、ゾウさんやマハウトに覚えてもらうよいやり方です。555

それでは楽しい旅を!

タイゾウ保護センター Thai elephant conservation center



posted by 見習いゾウ使い F at 11:13| Comment(0) | 日記

2017年02月01日

栄様、チャリティのブンロンTシャツのボランティアモデルをありがとうございます!



タイゾウ保護センターにいる野生の孤児ブンロンのTシャツ(akonet studio & photos オリジナル)のブンロンのTシャツ売り上げ全額をタイゾウ保護センターないのゾウ病院の病気のゾウさんたちの食べ物と医療品に寄付しています。

そのサポートを元モデルで、「楊シェルター犬猫支援会」代表の栄様がボランティアでしてくださっています。Tシャツは栄様が購入してくださいました。ありがとうございます!ステキなモデルでブンロンTシャツがとてもオシャレな感じにみえます。ありがとうございます!

Tシャツのお問い合わせは、akonet@hotmail.co.jp 石田まで
1620円税込み  メンズサイズのみ S,M,L,XL 

氏名 ・・・ 栄
中国や東南アジアでは犬食文化が根強く残っています。世界中から非難されている中国犬肉祭りより助け出された1000頭以上の犬猫を支援している「楊シェルター犬猫支援会」代表。

IMG_0383.JPG

IMG_0402.JPG
posted by 見習いゾウ使い F at 10:56| Comment(0) | 日記

後ろ姿のゾウさん達


ゾウスクールのスタッフのファンが、facebook にアップロードした写真に、4頭のゾウさんが、水浴びの前にツーリストのほうを向いて揃っている写真がありました。後ろ姿の写真です。

端から四頭のゾウさん達


ブンブアンはどこ?と聞いたら、

ターワン先生がお休みで、ブンブアンも休みだそうです。

ブンブアンよかったね!


そうなると、いつものメンバー!二頭の名前が出でこないので、違う子の名前を書きました。

四頭のうち、その二頭、バンコッドとルッカン。

ルッカンは、カイワンと仲の良い子です。

いつも名前が覚えられません。

でもこれで覚えられるかもです。555

バンコッドの名前がでませんでした。ごめんね。

バチュアッブとワナリーはわかりました。


ゾウさんの雰囲気と、あとはいつもの順番。555
順番は違っていましたけど。マハウトは後ろからで帽子をかぶっているので誰だかわかりません。

何だか皆太ったみたい。555

冬ですからね。

後ろからでも元気そうでよかったです。

ファン、いつもありがとうございます!
posted by 見習いゾウ使い F at 01:58| Comment(0) | 日記