2016年08月31日

ブンロンの性格 パート1


ゾウさんは、それぞれ性格が違います。

こう書くと、当然でしょとか、驚き!とか色々な反応があります。

人間だって色々な性格ですよね、ましてゾウさん!

555


ブンロンは、優しい子です。

野生の孤児で、生後5?6ヶ月の時水害の時にひとりでいるのを保護されて、妊娠中のブンブアンが義母になり、他のキャンプで出産でママが他界したカイワンが生後4日でブンブアンが義母になり、ブンブアンのマハウトのターワン先生が、ブンロンを拒否。

そして、まだ一歳半位で赤ちゃんのスクールへ。大抵は2歳から3歳でスクールです。

その後ショーにでて、挨拶したり、車の音で驚いて走り出したり、ツーリストに食べ物をもらったり。

森の中で、耳を怪我して、右耳の一部をなくし、ゾウ病院に入院。

よくなって、ちょっとショーに復帰したら、今度はまた、森で左目をいため、また入院。

元気になって、しばらくはスクール滞在。

たまにショーに出る程度。そこで義母のブンブアンや、好きなケラン達に会えます。



妊娠中のブンブアンと一緒にいた時、とても元気がよくて、サッカーのバスをマハウトに出せる天才的な子でした。

大抵は、ボールを独り占めですね。

サッカーが上手なケランは、三つのボールを独り占めしてました。555

ブンロンをすぐタイゾウ保護センターにくるように尽力されたミスターダルシットがブンホンに会いに来ると、私の前で、近くに来て、お礼をいい、現状報告し、手を引っ張ったりして甘えていました。

散歩の時、よく私を追いかけていました。555 赤ちゃんはなぜか私を追いかけます。

ブンブアンが死産のあと、1ヶ月過ぎ私がいる時、ブンブアンが、ゾウ病院のそばを通ると、嫌がって声をあげて戻ろうとすると、ブンロンは、ブンブアンの足元にまとわりついて心配していました。この時はまだ一歳5ヶ月くらい。

あんなに思いやりのある赤ちゃんは、私には初めてです。ブンロンは優しい子です。


ブンロンは、2つ?年上の女子ケランが好きで、ケランもブンロンが好きです。
バイトンはブンロンが好きではなかったです。大人の、特に牙が長い子を怖がっていました。

ブンロンが私が見ていたショーで、車の音でいきなり走り出しました。
マハウトのシーラが走っておいかけ、マハウトがのったケランがその後をおいかけ、一緒に元の位置に戻りました。
ケランはよいお姉さんですね。その場の雰囲気があたたかくなりました。


ブンロンは人の好き嫌いがはっきりしています。

ゾウさんは、好きになるのも嫌いになるのも理由があります。

カイワンがくる前、ターワン先生をけったそうです。
ターワン先生に聞きました。こういうことがあったので、ターワン先生は、ブンロンを拒否ったのでしょうが、ブンロンには理由があるはずです。
私は、ターワン先生がブンロンに何がしたか、言ったかで、ターワン先生が悪い!と今でも思っています。私はいつでとゾウさんのみかたです。


今年の3月にマハウトスクールの奥ブンロンがいる所に訪ねた時、シーラがいないと他のマハウト達が来てくれるのですが、

数人のマハウト達はブンロンはぶつといって、ブンロンによい感情は持っていないようでした。初めは私がそばにいくのに付き合うのは嫌々。

ブンロンが私に鼻先をあげて、あーんをしたら、ぶつのかと思って、ダメだしをしたマハウトもいました。

そしてブンロンのそばにこれ以上近づかないでと制御されました。


他のマハウト達の時、ブンロンの口の中に食べ物をあげ、私がボンと、いうと鼻先をブンロンがあげ、その口の中に食べ物をあげる

その姿をマハウト達は驚いたように見ていました。

こういうブンロンを初めてみたのかもしれません。


シーラ以外には一人か二人のマハウトがブンロンにはたかれない感じでした。
他の人達は、コーだけでなく、棒を持ったり。

ブンロンは、とても甘い子ですが、目には目をになるのだと思います。

続く

image.jpeg

image.jpeg
image.jpeg

image.jpeg











posted by 見習いゾウ使い F at 10:24| Comment(1) | 日記

2016年08月27日

ゾウさんの後ろ姿



ゾウさんに会う時、それが動物園であろうと、タイのゾウキャンプであろうと、飼われているゾウさんでしたら、あなたがそばにいけば、ゾウさんは、あなたを注視するはずです。


それは、ゾウさんが、あなたに興味があるから。

食べ物をくれるかもしれなし、何をするかわからないし、敵かもしれない。とにかくどんな人かな?

だから、こちらを見ます。ゾウさんは、怖がりですね。


先日井之頭動物園にはな子の慰霊に行きました。

はな子は、後ろ姿が有名なんですね。

後ろ姿の写真を撮影された方が多いようです。

はな子の思い出も後ろ姿。


後ろ姿は、無視している姿だと思います。

はな子の孤独をよく表していると思います。


はな子は堀で人間から守られていますから、危害がくわえられないと分かっているので、ツーリストを注視することはなかったのでしょう。ツーリストに興味がない。
センターでもゾウさん達が後ろをむくのはそうでしょう。


食べ物を持っていなくても、ゾウさんがこちらに来たり、注視していたりしたら、そのゾウさんは、あなたに興味がある。

あなたは、何か、ゾウさんが興味があるものを持っている。それが、においだったり、声だったり?赤ちゃんなら、遊んでくれそうだったり?あなたがおもしろそうだったり?危ない人に見えたり?

そう思います。


私はセンターで、ほぼいつも食べ物を持っていますから、ゾウさん達は、私が少し遠くにいても、隣の柵のゾウさんの所にいても、私を注視しています。

そう気が付くと、私はその後にそのゾウさんの所にできるだけ行きます。

そういうコミュニケーションは、大切だと思っています。無視はできません。

そういうゾウさん達は、私が道を歩いていても、近づこうと柵のそばまできます。

私は、「後でね、ないよ。」と言います。それが嘘であっても。555 

ゾウさん達は、私の「ないよ。」は信じていません。555





















posted by 見習いゾウ使い F at 14:04| Comment(0) | 日記

2016年08月26日

ゾウさんの食べ物の好み


センターの大人のゾウさんで、りんごを食べない子たちがいます。


りんごは、タイでは、新しい果物で、値段も高いです。

それで、人間でも食べない人が沢山います。


りんごを食べないゾウさん達のマハウトもりんごを食べない。

また、ひまわりの種を食べないマハウトのゾウさん達もひまわりの種を食べません。


ゾウさんは、大人になると「知らない食べ物」は食べない、
「危険だから」
と言われています。


確かに、大人、それも年をとっていれば、よけい好きな食べ物の種類はせまい感じがします。

ブンミ―はりんごを2回すてました。

赤ちゃん達は、色々食べます。まず、食べてみる。いやなら、口からだす。スリカムはりんごが好きです。


水浴びの前に、ツーリストの席の近くに勢ぞろいして、ツーリストのほうを見ます。

タイゾウセンターのショーにでている子達は、皆私のことを知っています。

その時に、私がバナナやサトウキビを買い、端から順番にあげていきます。

ゾウさん達は、皆大きな口をあけ、私はその中にバナナ1本とか、サトウキビ1本とかをあげていきます。


また、私が、ゾウさん達には、初めてのものを(例えば、大きな干しブドウ)とかを

川からあがったゾウさん達にあげる時も口をあげています。

まるで、私があげるものは、すべておいしいもの!!と思っているように。

それって、何気にすごいことだと昨日思いました。555 気が付くのが遅いですね。


ですから、私は、ゾウさんにとって、おいしいものしかあげてはならないのです。

一度のミスも許されません。

なぜって、ゾウさんは、忘れないのですから。


先日、何も食べ物を持っていなくて、プラテイダがそばを通ったので、持っていたオレンジジュースを鼻先にいれたら、捨てられました。マハウトのジョンに、いらないって。と笑われました。

プラデイダ、ごめんなさいね。

今度は、おいしいものをあげます。





posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年08月25日

テンモーちゃんが好きなタマリンド


タマリンドは、日本にはありませんので、私にはなじみがありません。

でも、タイゾウ保護センターのホームステイ先にも、大きなタマリンドの木があり、

3月はその実が落ちる時でした。


それで、それをひろって皮のままゾウさん達にあげていました。

ゾウさん達は自分でひろって食べています。

P1260808.JPG


テンモーちゃんには、スーパーで売っているタマリンド、塩いりや、タマリンド、スパイシーをあげていました。

テンモーちゃんは特に、塩が好きで。555 塩は小さな塊です。

これを教えてくれたのは、ある獣医だったと思います。

タマリンドの実はまとめて薬を中にいれて、病気のゾウさんによくあげています。


この写真は、そのタマリンド塩入をスクールにいるブンロンにあげています。

私の手は塩まみれで、その手を最後には、ブンロンの舌でふきます。555

塩を食べたので、その後、沢山水をブンロンはのみました。555


P1260488.JPG












posted by 見習いゾウ使い F at 21:17| Comment(0) | 日記

2016年08月24日

はな子、ありがとう ではなく、ごめんなさい

image.jpeg

井之頭公園にカップルで行き、雨がふると、わかれる、というのは
都市伝説でしょうか?555

久しぶりの吉祥寺、今日は私は一人でしたけど。動物園で雨がふってきました。

image.jpeg
園の入口に。
image.jpeg

園内にもお知らせがありました。


image.jpeg

8月24日、やっと井之頭公園の動物園に行きました。

はな子のいた場所に、祈りをささげるために。


多分、最初で最後の井之頭動物園。


このシックハウスのような場所に、66年以上いたはな子。

陰気で、暗い場所に思えました。ここにいるだけで精神的に病気になりそうな。4343

縦10M?横30Mくらいのアスファルトの場所、寝ていたところもアスファルト。

ここには、希望はなにもなかったですね、はな子。

日々悲しくて、ママやタイが恋しくて、ただ生きていたはな子、、、。

はな子がいた時を想像しました。


はな子にはげまされたり、楽しみをもらった人たちは沢山いて、はな子、ありがとう!

でしょうが、はな子を励ましたり、楽しませたり、はな子の孤独に心をよせなかったのでしょうか。

そういう私も、はな子に会いにくるのはこれが初めて。

もう、生きているはな子には会えないけれど。

はな子、ごめんなさい

可哀想なはな子


ある人が、はな子の魂は、まだ、寝所にただよっていると聞いたとか。

私は、人間の魂の霊感は全くないのですが、ゾウさん達の目に見えないものはたまに感じるので(かなり危ない人です、愛しいゾウさん達の死とその後を経験しているので。)

ひょっとしたら、何か感じるかなと思っていました。


外の場所の中央より少し向かって左の所に、なんだか少し暗いぼやっとした塊のような、寂しさ。

はな子、ごめんなさい、可哀想なはな子、

私と一緒に、タイへいきましょう。

そんなことを思いました。

そして、展示物がある室内へ。


image.jpeg

寝所、ここで他界されたのでしょう。

中に親子のゾウさんの絵があって、はな子のことを心配して思ってくれていた人がいたのだと涙しました。

ママと一緒にね。

不思議にこの中はクリアに感じました。



色々なものが展示されていました。突っ込みどころ満載です。555

それは、またの機会に。

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg


しばらく、外のベンチに座り、はな子がいた場所を見ていました。

ちょうど、1本の木がさっき、どんよりとしていた所を隠しています。

雨が降り始めました。

はな子のことを考えました。

はな子はだれかをまだ待っているのかも。

そんなことさえ考えました。

私は、それから、立って、近くにいき、その場所を見ました。

クリアでした。濁って暗くて、寂しいものは少しの雨でなくなった??


ゾウさんは、好きになる、信頼する人間を選びます。まして、大人、まして、こんなに長い年月孤独で、人間を二人殺して、人間不信なはな子が、死んだぐらいで、見ず知らずの私に、いくらタイに行きたかったといっても、魂だけでも、じゃあ、ついていくよっとは、どう考えてもいいそうにはないですよね。4343

それでも、私は、タイのゾウさん達のいる所ではいているスニーカーですし、555
私は、数頭ぶんの悲しみをまとっていますし、(最近友人に言われました。)テンモーちゃんやクンチャイや、プンプアンやブンロン達がついていますし、ちょっとでも、はな子がタイへ行けると思ってくれたらうれしいです。

image.jpeg

このポスターやフライヤーははな子の孤独な後ろ姿! 裏は写真が沢山でしたが。

意図的? 

そのはな子にかける言葉は、ありがとうではなく、ごめんなさいだと

はな子を知らない私は思います。

image.jpeg

国の友好親善の道具に動物に犠牲をしいてはいけません。

ゾウさんは、忘れないのです。そして深く長く変わらない愛情が必要なのです。
なぜなら、ゾウさんがそうだから。

はな子、ごめんなさい。

私はタイ人のように、死ぬともう悲しみや寂しさや痛みがなくて、あの世で幸せになっているとは思わないけど、
それでも、はな子には、ママとタイにいるあの世であるように願っています。


ある看護師さんが、患者さんが臨終の時、可哀想にと思ってはいけないと先輩看護師さんにアドバイスされたそうです。
看護師さんは優しいですからね、そこをつかれてしまい、魂がついてきてしまう。

人間の場合はそれが、汚れだったり、災いになったりするそうです。

でも、ゾウさんは、違いますね!!マジで!!555
ですから、私が悲しみをまとっていても、大丈夫。悲しみは愛ゆえですから。

はな子は可哀想、

そう思います。はな子、見ず知らずの人間の私につかなくても、私を囲んでくれているゾウさん達と少しでも一緒にと思います。彼らはあなたの仲間なのですから。

ゾウさんは、肉体が死んだくらいじゃ、思いはなくならないんです。


















posted by 見習いゾウ使い F at 20:50| Comment(0) | 日記

2016年08月22日

いずみ様、残暑お見舞い申し上げます。


いずみ様、先日は休日出勤お疲れ様でした!

今日は雨ですね。

夜中に私のブログをすべて読まれたとのこと!! ありがとうございます!

速読ですね!すごい!

もう、何を書いたかよく覚えてなかったり、同じ話を書いたり、(大切な話なので?555)

なので、気恥ずかしいです。ちょっと。555

でも、マイペンライです!(気にしないで)


YouTubeもご覧いただきありがとうございます!

ビデオは取り損ないもありますが、皆それぞれ可愛いと自負しています。


ゾウさんは、人間とは違うところも同じようなところもあると思います。

人間はゾウさんより、随分複雑で、難しい。気持ちはどんどん変わりますし、愛情も一定ではないし。

その中でも、親子でいらっしゃるのは素晴らしいです。人間はとても難しいのに。


ゾウさんの赤ちゃんの可愛さは特別ですね。とても人懐っこい。

それがだんだん、大人になっていくうちに、人を選ぶようになります。

それは、周りのママや他のゾウさん達からのアドバイスもあるでしょうが、

辛かったり、悲しかったりする経験のためでしょうか。

赤ちゃん達のほうが、大人のゾウさん達よりコミュニケーションがとりやすく感じます。

ゾウさん達は一目ぼれしませんし。4343

7年前からのゾウさん達が皆より親しくなってきているのはうれしいです。


ステキなのは私ではなくゾウさんですけど、ありがとうございます!555



皆のゾウさん達のことも思っていただきありがとうございます!

タイは雨季ですね。

ゾウさんは、雨が大好き! マハウトは雨が好きじゃない。

ターワン先生の言葉です。5555


いずみ様もご自愛なさって夏の残りを楽しんでください。

いつもありがとうございます。


P1260294.JPG

















posted by 見習いゾウ使い F at 19:52| Comment(0) | 日記

2016年08月21日

Baby elephant loves to play at a small pool. ゾウの赤ちゃん小さなプールでハッピーをYouTubeにアップロードしました。


Baby elephant loves to play at a small pool. ゾウの赤ちゃん小さなプールでハッピー を、YouTubeにアップロードしました。


<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/lOHcOPxslS4" frameborder="0"
allowfullscreen></iframe>

カイワンは特別で、ショーの最中、水浴びができます。





posted by 見習いゾウ使い F at 13:25| Comment(0) | 日記

2016年08月20日

Baby elephant and adopted mother are happy to be togather after one day part2 をYouTubeにアップロードしました。

先日のビデオの続きです。

声は全てカイワンの声です。

甘えてますね、ブンブアンに。

カイワンのこのような声は初めて聞きました。

Baby elephant and adopted mother are happy to be togather after one day part2 
posted by 見習いゾウ使い F at 09:30| Comment(1) | 日記

2016年08月16日

Baby elephant and adopted mother are happy to be togather after one day ゾウの赤ちゃんハッピー をYouTubeにアップロードしました。


Baby elephant and adopted mother are happy to be togather after one day ゾウの赤ちゃんハッピー


3月19日朝、カイワンは義母のプンプアンに一日ぶりに会いました。

うれしくて、興奮状態で、人間にわかる大きな声でずっと叫んでいました。

このビデオは少しおさまって、ゾウ病院に体重測定にいくところです。


途中の可愛い声もカイワン。大きな目にはうれし涙。

情が深くて、泣き虫なカイワン。


posted by 見習いゾウ使い F at 14:58| Comment(0) | 日記

カイワンとプンプアン 3月19日 No.1


この話は書いたような気もしますが、書きます。555

朝森の中のマハウトスクールから来たカイワンと反対側の森の中から来たプンプアンが道路で会いました。

カイワンは、大きな声で、叫んでいます。ずっと興奮状態。

何かと?

ターワン先生が

カイワン、ハッピー。

前日は義母のプンプアンは私と一緒に森の中でしたから、カイワンはショーでプンプアンに会えなかったでしょう。

それで寂しかった。

そこで、次の日、朝プンプアンにショーの前に出会えて、とってもハッピー!!

ビデオをいくつか撮りましたが、最初の大騒ぎは驚いていて取り損ないました。555

カイワンは甘えん坊。

今はショーの中でもプンプアンと一緒に歩くシーンがあります。

P1260816.JPG

P1260810.JPG



posted by 見習いゾウ使い F at 14:14| Comment(0) | 日記

いずみ様、ありがとうございます!


あたたかなコメントをありがとうございます!!


プンプアンは、素晴らしいママです。


自分の子はアリーナだけです。多分11歳くらい?

プンプアンは、今34歳?くらいです。

その後、他のゾウさんが出産しましたが、子育てを拒否、それでプンプアンがエイアイの義母に。

そして、エイアイがマハウトスクールへ。プンプアンはショーへもどりました。

そのころ、私はプンプアンと知合いました。

妊娠中に、野生の孤児のブンロン(生後6か月くらい)の義母に。

ジャパンは長い間の出産で、死産。

そして、カイワンの義母に。


ゾウさんは、タイゾウ保護センターでは、親離れが、2歳から3歳くらいで、マハウトスクールに赤ちゃん達はいきます。

6か月〜1年くらいのスクールで、マハウトも一緒にコミュニケーションや規律を学ぶようです。


ブンロンはカイワンが来て、プンプアンのマハウトのターワン先生がブンロンを拒否ったので、約1歳半でスクールに。


今は赤ちゃん達がスクールに行っても、それ以外は義母たちと一緒のようです。


だんだん、ゾウさんによりよい方向にむかっているように感じます。前は、スクールで赤ちゃん達は寝泊まりなので(マハウトも)義母やママに会えませんでした。それで離れる時、大泣きする子が多いようでした。それでも、ゾウさんは10キロとかだったら、超音波とかで会話できるそうですから、会話はしていたと思います。


ゾウさんも、子供嫌いな子もいます。ゾウさんそれぞれですね、特にグループで生活していないと色々問題がでてくるようです。

血がつながっていないことの絆も愛情ですね。ゾウさんが義母で、赤ちゃん達を世話するのは、1から3年です。

それでも、ずっとママはママ、子供は子供です。


いずみ様の長く深い愛情に敬意を表します。


はい、是非、長い時間をとってお越しください。私はゾウさんの話をするととまりませんので。マジで。555(タイ語で、は、は、は)




P1260854.JPG

手前は今年3月のカイワン 




posted by 見習いゾウ使い F at 13:50| Comment(0) | 日記

カイワンが情が深いと感じられる時

以下のビデオは、私がカイワンに2度目に会った時、私はプンプアンファーストですから
プンプアンに、ありがとう、Take care!またねっていっています。

カイワンはなんだか私にまとわりついてきて、
それで、私が笑いながら、ありがとう、カイワン!と言っています。

プンプアンも恋しい!と声をだしていますが、歩いて森の中へいきます。

カイワンは立ち止ったまま、私を待っています。
それで、私が、カイワン、バイバイ!と言いました。

ピーノイが見かねて、カイワンの耳を引っ張って、走っていきました。

この時、カイワンがなぜ私のそばにいたがったかは謎ですが、
恋しがったようです。

プンプアンファーストの私なのに。

不思議ですが、プンプアンが義母のブンロンもそうです。




See you ,Pumpuang ,Kaiwan elephants )on 25th May 2013 ゾウさん、またね。

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/cwe1Z11m-CE" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年08月15日

いずみ様へ。カイワンがタイゾウ保護センターにきた時他



いずみ様

カイワンのビデオをご覧いただきありがとうございます!

この下のふたつはご覧になられたでしょうか?

上は私がカイワンにミルクをあげていて、プンプアンが私に随分甘えてきています。プンプアンの目が優しくて、甘えています。

この時、私は緑色のシャツを着ていますが、これはゾウ病院の獣医のものです。テンモーちゃんのそばにいたのでこれを着させてもらえました。


baby elephant drnking milk and her stepmother wants to be spoiled 8th Oct.2013.ゾウの赤ちゃんミルク  

この下のビデオは、カイワンが生後4日?でタイゾウ保護センターにつれてこられた時、プンプアン達とお見合いし、プンプアンだけがカイワンのそばにいった後、ブンロンも一緒にナースリーにゾウ病院から帰ってきた時の様子です。

カイワンは小さくて、65キロ?
ブンロンがさびしそう


 Adopted mother gets the other baby elephant.義母のゾウさんに新たな赤ちゃん

赤ちゃんは大きくなりますね。4343

カイワンは目が大きくて、耳がパパのジョジョににています。

他にも色々ビデオがありますので、是非ご覧ください。

ありがとうございます。




posted by 見習いゾウ使い F at 15:25| Comment(1) | 日記

ご来店をありがとうございます!


ゾウさんのTシャツをお探しの方たちがご来店されました。

暑い中、ありがとうございます!


ゾウさんのオリジナルTシャツは、5種類あります。

クンチャイ、プンプアン、テンモーちゃんが2種類、最新がブンロン。

ただ、サイズ、S,M,L,XLとそろっているのが、ブンロンのTシャツだけで、すみませんでした。

倉庫にも少し在庫があったと思いますので、店に持ってきます。

お問い合わせいただければ、幸いです。


ちょうど、昨日は、7月2日のめぐろパーシモンホールでの「The 発表会!!」の写真展、ビデオ上映会でした。

ゾウさんグッズはけっこう沢山あるのですが、ご紹介せずにすみませんでした。

是非、また、ご来店ください。

ゾウさんのお話をしましょう。私の話は長くなりますが。555


ご来店をありがとうございました!

また、お会いできるのを楽しみにしています。




posted by 見習いゾウ使い F at 13:57| Comment(0) | 日記

2016年08月13日

テン、お誕生日おめでとう!


8月11日は、テンの誕生日です。

当日、夕方に電話をしたのですが、つながらず。


facebookには、誕生日ケーキの動画がアップロードされていました。


いつもゾウサン達のためにありがとうございます!

ウイスキーは、そこそこで、飲みすぎないように、素晴らしい1年をおすごしください。


いつもありがとうございます!


P1260349.JPG
2016年3月18日






posted by 見習いゾウ使い F at 17:23| Comment(0) | 日記

2016年08月09日

8月10日は、テンモーちゃんの誕生日


明日、8月10日はテンモーちゃんの誕生日です。

ドクターティップも誕生日です。


テンモーちゃんは、明日で、8歳?

早いものですね。4343

生きていたら、身長は、2mくらい?


野生で生まれたのかもしれません。テンモーちゃんの出生には謎があります。


可愛いテンモーちゃん。あの声も、目も、しぐさも。

恋しいです。お誕生日おめでとう!

愛してる。テンモーちゃん!!

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg
image.jpeg

image.jpeg




posted by 見習いゾウ使い F at 14:16| Comment(0) | 日記

2016年08月06日

Go home.


タイ時間の午後2時半少し前に、シーラに電話をしました。

ショーが終わって、

Go home だそうです。

シーラは、少し英語が話せます。

そして、元気だそうです。

ブンロンは、今日ショーがあったそうです。

そしてGo home.

どこへ?と聞きましたが、ホームステイともスクールとも言わず、

Go home と。555

カイワンや、ブンブアン、ナムオンと一緒のようです。

私がナムイ、ジョジョと聞くと、ジョジョは違ったようです。

ブンロンと一緒に歩いていて、鈴の音がしたのはカイワンでしょうか?

ブンロンに、電話で話しかけました。

シーラは、ブンロンにマミー、マミーと。

かわいいね、恋しいよ、元気?とタイ語で話しました。

気配を感じました。ちょっと音が聞こえたのは息?声??

かわいいですね。

恋しいです。


私も彼らの元へGo homeしたいものです。




posted by 見習いゾウ使い F at 21:01| Comment(0) | 日記

2016年08月04日

2009年12月


タイゾウ保護センターに初めて行ったのは2009年7月の終わりでした。

あれから、まる7年が過ぎました。ゾウさんの素晴らしさ、不思議さに魅せられています。

早いような遅いような。

楽しいことも悲しいこともありました。

それが人生ですが、悲しみは深く、それは愛の中にあります。


人間は心変わりしやすく、関心が変わりやすいです。

そういう私も、物事は、深く広くがモットーでしたが、ゾウさんに出会ってからは、ほぼゾウさんだけに愛情を注いでいます。

ゾウさんは、ママや仲間のゾウさんから色々学んでいると思います。

その中には、人間のことも。

人間との付き合い方も。

個々の人間に関しても。

ですから、センターで、初めてあったゾウさんが、私に好意的に見えることがあり、もちろん、食べ物のせいも多々ありますが、555

この子は、誰かから、私の話を聞いているのかな?!と思うことがあります。

まあ、私の妄想かもしれませんが、

ああ!あなたがあのフミコね!!みたいな。555

食べ物を持っていて良かったです。555


私を知っているショーの子達は、皆私を見ると口を開けますが、

ひまわりの種は、鼻先にいれることが多いです。

口に入れるのは、ひまわりの種がこぼれてしまいやすいので。

写真は2009年12月。

何度かご紹介していますが、まだの写真も一緒に。

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

posted by 見習いゾウ使い F at 06:10| Comment(0) | 日記

2016年08月02日

シーラのfacebook

おとといfacebookで友達リクエストで、共通の友達が2人?でもゾウさんと一緒のプロフィールの人がいました。

プロフィールをクリックすると、

何と、ブンロンとシーラ!!!


とても嬉しいサプライズ!

7月につくったばかりのようで、友達はほとんど女性。555


これ、多分ダーリンが作ってくれたのだと思います。

早速友達になり、写真を数枚送りましたが、返事がありません。555

でも、プロフィールの写真のブンロンはシーラの隣で鼻先をあげて笑っています。

嬉しそうで、元気そう。

嬉しいです。

場所は多分ショーグラウンドのうら。

大きくなりましたね。

可愛いブンロン!元気でね。


image.jpeg
posted by 見習いゾウ使い F at 01:01| Comment(0) | 日記