2016年06月27日

カイワンの涙


ゾウさんは、よく涙を流します。

目にゴミが入った時、美味しいものを食べた時。

痛い時。

嬉しい時も悲しい時も、涙を流します。


カイワンは、泣き虫です。

まだ、義母のブンブアンと一緒にいた頃、私が帰るとわかると、よく涙を流していました。

可愛いカイワン、、。


3月最終日、私はカイワンとビーノイと一緒に、ショーグラウンドからマハウトスクールに帰りました。

初めてです。

ビーノイに、坂道だよと事前に教えてもらいました。

途中までは、ブンブアンと一緒です。

たしかにアップダウンがきつい道でした。

2.5キロと聞きましたが、なかなかつきません。


途中で、カイワンが横を歩いていた私にすり寄ってきます。

ビーノイが、

カイワン、ナムタ、キィトンフミコ!!

ブミコバイリャオ。

カイワン、涙、フミコが恋しい、

フミコ行っちゃうから。

P1260964.JPG


まだ、帰るから元気でねっと言っていないのに。

ビーノイがカイワンに伝えたのでしょう。

カイワン、泣くの早すぎ!泣き虫カイワン!!

切ないですね。4343

途中急勾配な下り、ビーノイに手を取ってもらって下りました。

カイワンは、お手の物。毎日通っている道です。

2.5キロと聞いていましたが、中々つきません。555

P1260968.JPG

やっと下にマハウトスクールが見えます。ブンロンが見え、ブンローン!!と叫びました。

急勾配の坂を降りれば、カイワンの場所です。

私は傍に緩やかな道を見つけたので、そちらに歩き出しました。

カイワン、ついてきます。

大回りすぎるので、仕方ありけん。

もどり、急勾配を駆け下りました。











posted by 見習いゾウ使い F at 08:20| Comment(2) | 日記

2016年06月24日

ブンロンの体重


6月23日やっとシーラと電話で話せました。

元気だそうです。

ブンロンも元気だそうです。よかったです。

この日はショーがなく、シーラがお休み?

ブンロンは近くにはいないようでした。

ブンロンが恋しいといっておきました。4343

東東京は、雨だよ。

ランバンは?


雨がちゎっと、暑い。

ブンロン何キロ?

1344キロ?

増えていますね。よいです。

でも、6歳?にしては、他のこと比べると小さいような。身長は私をこえ、180センチくらいだったと思います。

ブンロン、明日はショーだそうです。

ブンロンはショーが好き?

好き。

他のゾウさん、特に義母だったブンブアンや大好きなゲランや、カイワンとかにも会えるし、ツーリストから食べ物、バナナももらえるし、好きなようです。


マハウトスクールからは、片道2,5-3キロくらいの道のりで、山越えだとかなりのアップダウンです。

よい運動ですね。

金曜日、できたら、またシーラに電話したいと思います。

今日ターワン先生への電話は出なかったです。


可愛いブンロン!お休み!

image.jpeg

まだ、1歳になっていないころ。テン撮影、私はいなかったですが、バランスボールを割ってしまったそうです。

image.jpeg
今年3月18日 キバも長くなり、背が高くなりました。


posted by 見習いゾウ使い F at 00:38| Comment(0) | 日記

2016年06月21日

タン、ドクター、赤ちゃん誕生おめでとうございます!


先日、ゾウ病院の所長の奥様、ドクターレックが出産されました。
Welcome to another world .とfacebookに書いてあったようです。
おめでとうございます!

また、スタッフのタンがマハウトのジョンとの赤ちゃんを出産されました。おめでとうございます。

母子ともに原稿なようでよかったです。

オーストラリアのツーリストから電話があり、タンが出産したからお祝いに行かないと!水曜日にいくよ。とのこと。

いいですね。

私は急ぐことなく、じかいです。ブンフブアンしゃないから。

555

健やかに、健やかに。

出産、おめでとうございます!!
posted by 見習いゾウ使い F at 08:34| Comment(0) | 日記

2016年06月17日

マハウトの仕事。

P1260887.JPG

タイゾウ保護センターのゾウさんのショーのときの一風景です。ショーの最中のゾウさんの糞を掃除しています。


マハウトでも自分のゾウさんが、マストや、病院や、森の中にいなくてはならなくて、自分がずっとそばにいなくて良い場合、ショーの手伝いをします。

セカンドマハウトもそうです。セカンドマハウトは、正規のマハウトが休みの時にゾウさんに乗ります。

あるマハウトは4頭のマハウトのセカンドマハウトだそうです。


ゾウさんによっては、自分のマハウト以外乗せない子もいますし、せいぜいセカンドマハウトまでの子もいるそうです。


センターでは、マハウト達は週に1度の休みがあるようにみえます。それでもツーリストが多い時は、休みがなかったりもあるようです。

ちなみに、ゾウさんの糞は、出たばかりは草のにおいがします。




posted by 見習いゾウ使い F at 22:11| Comment(0) | 日記

明美さん、コメントをありがとうございます!!


明美さん、

ドッゲオの首の鈴が気になり、かわいそう、とってあげてのこと。

思いやりをありがとうございます。


センターの赤ちゃんたちは、私が記憶している範囲では、ほぼ皆鈴なり、木で音がでるものなりを首につけています。

確かに、うるさいでしょうし、邪魔に見えます。


では、なぜ、そうしているのでしょうか。

人間がペットの猫や犬に鈴つきの首輪をつけるのと同じでしょうか?

だとしたら、なぜ、子供や大人のゾウさん達には、鈴がついていないのでしょうか。

そう考えると、猫や犬の首輪とは違うようです。


私はこのことについて、マハウトやスタッフや獣医に聞いたことはありません。

私が思うには、マハウト達が、赤ちゃん達が、どこにいるかを知るためなのではと。音がしなくなったら、どこかに行ってしまったことなのでずっと音を気にしているのではと。

柵のすぐそばの東屋、もしくは、柵の隣のハンモックでマハウト達は寝泊まりしているようです。

柵の中夜中真っ暗の時でも。また、森の中でも、赤ちゃん達がどこにいるかを把握するために。

ゾウの赤ちゃんたちはとても腕白で走りまわります。森の中でママから離れて、50m走っていって、ママが大声で呼んだケースも聞きました。(シンハー)

森の中には、人間が鉄砲を持って小動物を狩りをすることがあるそうです。
ですから、森の中に長くいるゾウさん達は、大人でも鈴をつけることがあるそうです。そうでないと、獲物だと思ってうってしまうことがあるそうです。

実際、鈴の音がしないゾウさんの耳が撃たれたことを聞いたことがあるそうです。

 
ある時、どの子だったか、自分で首の鈴を鳴らしていました。555 この子は意外と鈴を気にしていないのかと思いました。

明美さん、是非、その意見をタイゾウ保護センターにお送りください。

何か理由はあっても、赤ちゃん達をかわいそうだと思う気持ちは尊いと思います。また、どうしてそうしているのか理由を聞かれるのもよいと思います。よりゾウさん達にとってよい環境になりますように。


こちらから、メッセージが送れます。

メッセージをありがとうございます。

P1230302.JPG
ドッゲオ 2015年12月5日








posted by 見習いゾウ使い F at 16:07| Comment(0) | 日記

2016年06月13日

ドッゲオの体重


テンに昼間電話をしました。

久しぶりです。

元気だそうです。

よかったです。


スリカムとブンミ―はプンプアンがいる森にいるらしく

ヤヤとママは、テンモーちゃんのお墓の奥にいるそうです。

スクールではないのでしょうかね??


ですので、ナースリーには、ドッゲオと義母のシンコンだけ。


東京は今日雨が沢山、

ランパンは?

ちょっとだけ。

雨季ですね。


ドッゲオもシンコンも元気だそうです。

テンも元気。

ドッゲオは、1歳、490キロだそうです。

沢山食べているとのこと。シンコンも沢山食べているそうです。


皆元気でね。



posted by 見習いゾウ使い F at 19:16| Comment(1) | 日記

2016年06月12日

スリカムとヤヤはスクールに。


facebookからの情報です。

スリカムとヤヤは、スクールにいるそうです。

スリカムは、多分まだ1歳半くらい?

幼すぎますね。

ブンロンがスクールに入ったのと同じくらい。

でも、スリカムはブンロンと同じくらい、またはそれ以上な色々遊びの中からできていたと思いますので、辛い思いをせずに頑張れるでしょう。

でも、ブンミーと別れた時は、とても悲しくて大泣きしたと思います。

ベテランマハウトがついているので、大丈夫だとは思いますが。

ブンミーは、もうタクシーに戻ったのでしょうか。

ブンミーは、素晴らしい義母でしたし、ナースリーの生活が楽しかったでしょうから、今はスリカムを恋しがっているでしゃう。

でと、マハウトスクールはほんの数キロの距離。

きっとスリカムに、音波で話をしているでしょう。

ヤヤは、来たばかりだったのに、もうスクールですね。

ママも寂しいですね。ママはどこにいるのでしょう。二頭は没収のゾウさんだそうです。

ナースリーは、シンコンとドッゲオだけなのでしょうか。

テンも他のマハウト達も寂しいですね。




posted by 見習いゾウ使い F at 22:44| Comment(0) | 日記

2016年06月09日

祭りの後

3月18日夜、AIのマハウトのお嬢さんの結婚パーテイがタイゾウ保護センターないのマハウトの家でおこなわれました。

次の朝の風景です。

7時少し前、森からピックアップしたプンプアンと水浴びの場所に行く途中にあります。


マハウトがいて、昨夜の残りのジュースをすすめてくれました。ありがとうございました!


素晴らしいお嬢さんですね!

結婚おめでとうございます! 末永くお幸せに!

P1260798.JPG

P1260799.JPG



posted by 見習いゾウ使い F at 13:20| Comment(0) | 日記

2016年06月04日

はな子への思いやりをありがとうございます。


昨日訪ねてくださったお客様、ゾウさんの話をありがとうございました。
お引き留めしてしまい、それでも離れがたく、、。すみません。これに懲りず、いつでもゾウさんの話をしにいらしてください。ゾウさんの話に終わりはないですから。

ブンロンティーシャツのお買い上げをありがとうございます。全額タイゾウ保護センターないのゾウ病院の病気のゾウさんの食べ物と薬代に寄附金ともに次回私がゾウ病院を訪れたときに渡します。ゾウさんへのサポートをありがとうございました。ありがとうございました。

生前の井の頭公園のはな子にお会いになられたそうです。

そのお話をしてくださりました。

とても寂しそうにみえて、涙が止まらなかったそうです。

ありがとうございます。

そんなはな子に私達人間ができることがあるとすれば、それは声高々に愛しているよ、ありがとう!ということではなく、はな子の悲しみや寂しさによりそい心をよせることだったと思います。この方のように。

ゾウさんはたくさんの人達の愛を求めていません。

日本で一番愛されたゾウというは、ゾウさんのはな子には、それ何?美味しいの程度のことで、無意味なのです。

はな子は人間ではないのだから。動物園には大いに意味があったでしょうが。4343

ゾウさんは、ただひとり、もしくは数人の自分が愛することができる人達だけに深く愛されることのみを求めているのです。

それは、まだ2歳で拉致され、異国につれてこられ、人間のエゴのために一頭で井の頭公園の動物園に閉じ込められたはな子もそうだったと思います。

ゾウさんは、こちらがいくら愛しても愛してくれるとは限りません。ゾウさんがいくら孤独で寂しくても。はな子のように。

信頼できる人でなければゾウさんは愛することも受け入れることもしません。

寝ている以外はずっと食べているゾウさんですが、いくら美味しいものをもらっても、その人を愛するかどうかは別問題なのです。食べ物にころばないのです。ゾウさんは、人間の心を見透かします。

はな子には愛することができる人が絶望的にいなかったゆえの孤独、寂しさだったと思います。

タイでの生活、ママをずっと恋しがっていたでしょう。ゾウさんは忘れないのですから。


そんな寂しいはな子をみても、その悲しさに気がつかず、または無視して、可愛いね!大好き!という人達もいたでしょう。

そんなはな子に癒された人達もいたでしょう。そしてはな子に感謝するけど、はな子の寂しさはおいてきぼり。


はな子の動画を見ました。

あまりの孤独感に3秒以上は見れなくて。涙で画面が見えなくなりました。あんなに絶望的に寂しいゾウさんは初めて見ました。あの写真だけでも心が痛みましたが、動画は衝撃的でした。人間がはな子を長い年月をかけてこんなにしてしまいました。

何がはな子をそうさせていたのか?


わたしはあえて国内のゾウさんには会いにいっていません。

ゾウさんは心が狭く、嫉妬深いので、他のゾウさんに会いにいくことはしたくないです。彼らが悲しむので。マジで。

はな子、すみません。無関心でした。

私が何がはな子にできることがあったとは思いませんが、少なくてもあなたの悲しみや寂しさに心をよせることはできたのではないかと思います。おこしいただいた方のように。

はな子のトピックはまだ続きます。

ご冥福をお祈りしています。

空メールが届いていません。すみません。再メールをよろしくお願いします。akonet@hotmail.co.jp
届きました! ありがとうございます!(後日)



image.jpeg

写真はタイゾウ保護センター、ブンロンは唯一私の手を握って歩く子です。、2014年5月 photo by Jack Quik






posted by 見習いゾウ使い F at 08:30| Comment(0) | 日記