2016年04月28日

ゾウさんの尻尾の毛


何度かこのブログでも書いたと思います。

タイではゾウさんの尻尾の毛は、ラッキーアイテムです。

指輪にマハウトが編んでいます。

このラッキーアイテムは、尻尾の毛が自然に落ちたものに限ります。

それはそうですよね、無理やり取られた尻尾の毛にゾウさんがグッドラックをもたらすはずはありません。

ただ、密猟で尻尾ごとカットし、それで指輪やブレスレットなどをつくることもあるようです。

そのゾウさんの尻尾の毛が、だれのものか、本当に自然に落ちたのかどうかは、ゾウさんしか知らない、もしくはゾウさんさえ、知らないかもしれません。

ゾウキャンプや観光場所で販売している場所があるかもしれません。私はみたことないですが。
でもそれをグッドラックのためにと思うならやめておいたほうがよいと思います。それが自然に落ちたのかどうかはわかりませんから。

センターで、私はターワン先生や他のマハウトや元のボスからそれらをプレゼントしてもらったことがあります。

編んであるので緩んで落としてしまったり、大事にしまいすぎて行方不明とかもあります。

タイミングがよければ、初めてのマハウトコースやトレッキングコースでも、マハウトやゾウさんによくすれば、プレゼントしてくれるかもしれません。

皆様にもグッドラックを!

くれぐれもマハウト達に催促しないように。555 催促するとグッドラックがこないかもしれませんから。555








posted by 見習いゾウ使い F at 11:06| Comment(0) | 日記

2016年04月25日

Yumiさんへ


コメントをありがとうございます!

お嬢さんが落ちたのは水の中ですか?


アリーナが右往左往するのは道草なら、草を食べたいからです。

そうでないなら、なにかを嫌がっているのだと思います。


センターと連絡がとれてよかったです。

なかなかリスポンスが悪いので、スタッフと直接連絡のほうが早いですが。


次回行かれる時は、プンプアンやアリーナやマハウト達におみやげを沢山おもちください。

生の果物は持ち込めませんから、チェンマイのスーパーや市場で購入されるとよいと思います。

日本の落花生は人気です。


この写真は2009年12月、ひまわりの種をプンプアンにあげていたら、ゾウサン達にかこまれ、6頭に順番にあげることに。

IMG_2645.JPG

下ですわっているのはターワン先生です。



posted by 見習いゾウ使い F at 17:34| Comment(1) | 日記

2016年04月23日

ブンプアンの水浴び パート1 立ち入り禁止


森には川が色々なところにあります。


私たちが、ランチで休む東屋のすぐ近くにもあります。

そこには立て札があります。

P1260426.JPG


マストのゾウさんがいるので、危険、立ち入り禁止

中国語では、基地外のゾウさんがいるから立ち入り禁止と書いてあるそうです。555


マストのゾウさんはそこから見えるところではなく、奥のほうにいるとマットが教えてくれました。


posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年04月22日

プンプアンの子供たち

Yumi さん、お返事をありがとうございます!

アリーナは今のところ、プンプアンの唯一の実子です。


多分11歳くらいでしょうか。大きくなって、背が高いですね。

お子さんよくアリーナに乗れますね!!


2009年初めてセンターのマハウトコースをとった時、最後にターワン先生がエイアイとアリーナをプンプアンのbabyと紹介してくれました。それで、この2頭は、私を見ると、他の子たちより、自信を持ってそばに来ます。口をあけて。555

このブログで度々紹介していますが、も一度。

初めての子のアリーナ

初めての義理の子のエイアイ。パンコッドの子供で彼女が世話を拒否しプンプアンが世話をすることに。

義理の子のブンロン、野生の生後6か月?の孤児、洪水の時に保護される。この時プンプアンは妊娠中。

義理の子のカイワン、ミャンマーとの国境近くのキャンプから、出産でママが死亡、生後4日でゾウ病院に。お見合いの末、プンプアンだけがそばにいき世話をすることに。ターワン先生はブンロンを一緒にすることを拒否。ブンロンは1歳半くらいでマハウトスクールに。

皆プンプアンの子供たち 

一大勢力ですね。55555

子供たちはママに甘えます。




posted by 見習いゾウ使い F at 10:57| Comment(1) | 日記

2016年04月20日

Yumiさんへ


早速のお返事をありがとうございます!

プンプアンは多分身長が280cm以上。最近急に太って、背も高くなったと思います。

私が3月17日に行った時は、体重をターワン先生に聞くと、3970キロ!!

その約3か月前は3800キロだったのに!!!

そして、私と森の中に行った次の日は、4010キロ!!

太りすぎで、ゾウ病院の獣医によると3500キロがよいようです。


出産後ダイエットして、4250キロを3700キロまでにしたのですが、その後3800キロを長く保っていたのに。


本当にプンプアンはすぐ立ち上がりますよね。ため息

よく乗られていらっしゃったと思いますよ。


ホームステイ3は私も最近はそちらでお世話になっています。


お子さんはバイトンに乗られていたのでしょうか?

そうだとしたら、それでマハウトのノムが訪ねてくれていたのかもしれません。


バイトンはスーパースターです。最近は他の子が色々ショーでしていますが、天才的な子です。

センターのナースリーに来たばかりの2歳くらいの時は、ママがいなくて、ミルクは飲まないし、小さいので、心配していましたが、元気がある子だったですし、ノムが素晴らしいマハウトで朝5時前、暗い中で一緒に毎日遊んでいました。

ノムは私のことをバイトンのママとよんでいるそうです。555 バイトンもとても可愛いです。

メールはどこにしましたか?

センターのリスポンスの悪さはよく聞きます。


前は年末年始は、常連のツーリストが予約優先だったと思います。私はこの時期に行ったことがないのでよくわかりませんが。

でも、最近はホームステイ先が増築されたので、いくらか予約は取りやすくなったと思います。

ナースリーの先、ゾウ墓地の手前にChang resort というバンガローもあります。私はホームステイ先がいっぱいで、2回宿泊したことがあります。





posted by 見習いゾウ使い F at 15:16| Comment(1) | 日記

2016年04月19日

Yumiさん、コメントをありがとうございます!


Yumiさん、お問い合わせをありがとうございます!

プンプアンとマハウトコース3日間だったんですね!裏山です!


プンプアンがよくしてくれたとのこと、よかったです。

プンプアンが背が高くて、乗るのが大変じゃなかったですか。

ターワン先生もよくしてくれたとのこと、よかったですね。

暑くて大変だったと思います。


プンプアンの森での顔がよい顔をしているとおわかりになるのですね。素晴らしいです。


タイゾウ保護センターの年末年始の営業の話ですが、正確な情報はセンターに聞かれるとよいと思いますが、

年末年始は無休だと思います。

ただ、毎年多分12月25日(訂正)26日か27日くらいから、1月4日???くらいまでは、マハウトコースや森の中のトレッキングコースは中止だったと思います。ですので、その前か後の予約をされるとよいでしょう。

トレッキングコースは2名からです。私は一人でもトレッキングコースですが、これは特別だと思います。

また、年末年始は、毎年来られる方が多いので、いつから予約ができるかわかりませんが、早めの予約をされるほうがよいと思います。

また、コースをとるなら、プンプアンを指名されるとよいでしょう。先約がなければ予約ができます。

ただ、プンプアンは今まだ妊娠していませんが、妊娠してから、1年か1年半ぐらいまでは乗れますが、それ以降は乗ることができず、コースもできません。また、出産してから、約2年から2年半は子育てでコースはできません。

ホームステイはどのホームステイでしたか?

プンプアンは、森の中のトレッキングコースが大好きです。是非、森の中へいってください。

森の中のトレッキングコースは、マハウトスクール主催です。

1日、2日コース、
3日ですと森の中に1泊ですが、乾季はできません。

追記 あと1週間コース、10日間コース、30日間コースとあります。

P1260397.JPG






posted by 見習いゾウ使い F at 17:08| Comment(1) | 日記

マストのゾウさん、色々


マハウトスクールのスタッフのマットが話てくれました。


ある雄のゾウさんは、マストがもう7か月。

たいていは、2〜3か月くらいで終わるようですので、とても長いですね。

その子は、なんだかスローなマストの暮らしが気にいっているのではないかとのこと。5555


マストの時は、高カロリーのバナナとかはあげず、低カロリーの草とかあげるそうです。


ゾウさんも色々ですね。


マストは、こめかみに液体が流れだすので、わかりやすいですね。


マストの時にしたことは、覚えていないらしいです。

なんでも覚えているゾウさんなのに。4343 不思議ですね。




posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年04月18日

マハウトスクールのトレッキングコース マストのゾウさん


同じようなことを何度か書いていますね。すみません。555

前のプンプアンリゾートに行く途中、プンプアンをターワン先生が道の奥にいれました。

そして、しばらくそのまま。


マットによると、マストの雄が通るとのこと。

しばらくすると、2人のマハウトを背中の台に乗せた大きな牙のゾウさんが、まわりを10数人のマハウトにかこまれゆっくり通ります。なぜか写真撮影は禁止されました。


そのあと、2回り小さな、こちらも牙が大きいゾウさんも2人のマハウトが背中に乗り、まわりは数人のマハウトが囲んでいました。

マストだと、なにもしないで、森の中にいるだけだと思っていましたが、違うようです。



posted by 見習いゾウ使い F at 17:23| Comment(0) | 日記

マハウトスクールのトレッキングコース


今回は2泊3日と短い期間だったので、1日だけプンプアンと一緒のマハウトスクールのトレッキングコースをとりました。

前の日がよかったのですが、ターワン先生が直前に都合が悪いことがわかり、変更しました。


色々あって日程をかなり変更するつもりでしたが、結局できず、中日の18日にこのコースにしました。


このコースは本来はゾウさんの首に乗って森の中を散策するものですが、昨年12月から、私はプンプアンに乗らず、ずっと一緒に歩く、別名「プンプアン、どこいくの?」555

この日も山火事のせいかスモークがかかっていて、昼間は特に暑く、40度を超えていたと思います。

私はこのコースの最中に何度も水を頭や肩にかけました。


今回は、前とは違うコースで、プンプアンがジャパンを出産したところ(死産)の東屋に行くようです。

その場所は、その年の出産の約1か月前にターワン先生がその東屋の隣にテントをはってくださり、ゾウ病院の担当医師の許可を受け泊まっていました。

その約1か月後私は日本にいて、ジャパンが死産だったことを電話で知らされました。

ジャパンはその場所で埋められ、私はちょうど49日ごろに行ったので、僧侶をお願いし、法要をしました。

そして、そこに、プラテイダが出産のためにいることになり、そのためにジャパンの体はどこかに??その話は、このブログのどこかに書いてあります。

お墓はそれでありません。


私はそのことを思い出し、スタッフのマットに、プンプアンはジャパンのことがあるけど、その場所は大丈夫?と聞くと、マイペンライ(気にしない)と言いましたが、私が、心配と何度か言ったので、ターワン先生に聞いてくれ、マイペンライ。555

写真はそこに行く途中です。プンプアンは道草を食べながら進みます。

P1260419.JPG

P1260420.JPG

P1260410.JPG

ターワン先生は優しくて、プンプアンのためにバナナの大きなみきをカットしてくれました。




posted by 見習いゾウ使い F at 16:52| Comment(2) | 日記

2016年04月17日

3月18日マハウトスクールにて。プンプアンの水のみ、水浴び


この日、私はプンプアンと一緒の森の中トレッキングコースをとりました。

朝9時に水浴びの所でプンプアンと待ち合わせでしたが、前に書いたように、シーラが長くいれないので、8時40分ごろからシーラと一緒にマハウトスクールのブンロンのいる奥に行き、その後私はスクールに行きました。

かなり待ちました。555

スタッフのマットと話したりしてきましたが、ターワン先生がプンプアンに乗ってきたのは、多分10時をかなりまわっていたと思います。

プンプアンに水をあげて、体にシャワーをして。

プンプアンはうれし涙でしょうか。写真をみると、そんな感じですね。4343


ガネーシャ神にお参りして、、。

出発です。


P1260392.JPG

P1260393.JPG

P1260397.JPG

P1260395.JPG




posted by 見習いゾウ使い F at 19:52| Comment(0) | 日記

2016年04月16日

可愛いブンロン

P1260369.JPG

P1260371.JPG


3月18日マハウトスクールで、シーラにブンロンと一緒の写真をとってもらいました。

ブンロンは、私の体に鼻をまいたり、私が逃げたり、、、。

手をにぎって強くてなかなかとてなかったり。555

シーラがよいタイミングで写真をとってくれました。感謝です。


ブンロン、愛してる、恋しいです。





posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年04月15日

ブンロンに水をあげるシーラ

P1260367.JPG

P1260382.JPG

P1260387.JPG

朝から暑い日でした。

私から食べ物をもらった後は、シーラからシャワーと水をもらうブンロンです。

この日昼間は40度を超えたようでした。



posted by 見習いゾウ使い F at 19:01| Comment(0) | 日記

2016年04月14日

ブンロンと帽子 3月18日

P1260364.JPG

ブンロンは、地面においた私の帽子を鼻先でひろい、私の頭にかぶせるはずが、

自分でかぶってしまいました。555

本当にユーモアがあります。

そのあとブンロンは頭を振り、帽子を下に落とし、ひろって左側に投げました。555


可愛いブンロン!

よく笑わせてくれます。



posted by 見習いゾウ使い F at 19:57| Comment(0) | 日記

2016年04月13日

ハッピーソンクラン!


タイは新年、水かけ祭りです!

ランバンは42度と数日前にfacebookで見かけたので、今年はよけい水掛けが楽しそうです。

水はラッキーをもたらすとか。

幸せに!

image.jpeg
posted by 見習いゾウ使い F at 23:30| Comment(0) | 日記

2016年04月12日

スリカムとブンミーの体重


P1260355.JPG
P1260357.JPG
P1260358.JPG

3月18日朝、スリカムとブンミーは、ゾウ病院内な体重計にのりました。

スリカムは、ちょっとあちらにいったり、こちらにきたり。555

スリカムは、義母のブンミーが来るまで退かないのでブンミーの体重は二頭分引くスリカムの体重です。555
posted by 見習いゾウ使い F at 00:01| Comment(0) | 日記

2016年04月10日

I 黄ハートBOOMLONG Tシャツ

P1260350.JPG

約2日半タイゾウ保護センターにいましたが、数人の方がI黄ハートBOOMLONGのTシャツをきてくれていました。

今までのTシャツより生地がうすくて、プリントはあらいですが、軽くて良いかなと思います。




posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年04月09日

シーラとブンロン


P1260367.JPG

P1260376.JPG

3月18日シーラは朝私をナースリーに訪ねました。

私はテンの電話で、あとでといっていたのですが、シーラは、午後4時にはもういないとのことで、
結局、一緒にブンロンのいるマハウトスクールに行きました。

シーラは少なくとも前日はお休みでしたから、ブンロンはシーラに会えてうれしかったと思います。

そして、その日私が一日コースを終えてブンロンのところに行ったらシーラはもういませんでした。

その次の日から4日間奥様のお母さまの葬儀でお休みのようでした。

ご冥福をお祈りします。

ブンロンは、また、寂しいですね。






posted by 見習いゾウ使い F at 18:56| Comment(0) | 日記

2016年04月08日

シンコンに薬

P1260348.JPG

シンコンに薬をのませるのには、うれたバナナに薬をさしこみ、そのままあげます。

この薬は、シンコンのためというより、孤児のドッゲオのためのものだそうです。

シンコンのミルクを飲むので。



posted by 見習いゾウ使い F at 19:07| Comment(0) | 日記

3月18日朝のプンプアン

P1260310.JPG



3月18日朝、6時半にターワン先生のお宅前にいき、ターワン先生と一緒にジャングルのいつもの場所にいるプンプアンを迎えにいきました。

最近はいつも同じ場所。

前のように、森の色々な場所のほうが、色々な食べ物があってよいなと思いますが、安全上の問題で、前のジャングルの場所はよくないそうで、確かに舗装道路があり、他からもトラックもはいれますから、何かあるといけないのでしょう。人間はこわいですね。

ここは、舗装道路はないし、マハウト村をぬけなければいけませんから。見知らぬ人がきたら。だれかがきがつきますね。

このポーズはプンプアンが横になる前に、いえい!みたいな感じです。

私のほうをむいて、いえい!!555





posted by 見習いゾウ使い F at 19:00| Comment(0) | 日記

2016年04月07日

YouTube にカイワンの水浴びをアップロードしました。



3月17日、しばらく雨が降らず、山火事で空気がくもっていて、暑い日の午後の水浴びです。


posted by 見習いゾウ使い F at 00:22| Comment(0) | 日記