2016年03月31日

カイワンの水浴び 3月17日

image.jpeg

P1260137.JPG

P1260138.JPG

P1260140.JPG

P1260141.JPG

P1260152.JPG


カイワンはチェーンにつながれていますが、マハウトのピーノイのほうに集中していて、食べ物をよくもらっています。

昼間は40度くらいあったようで、とても暑かったです。全く雨が降りません。


posted by 見習いゾウ使い F at 22:32| Comment(0) | 日記

高僧の巨大像


チェンマイからランバンのタイゾウ保護センターにタクシーでいく途中、向かって右上に、巨大な高僧の像が見えました。

初めてだったので、ドライバーに最近できたの?と聞くと、

大笑いされ、10年?20年?前からあるよとのこと。

じゃあ、この道は初めて?

また、大笑いされ、いつもこの道ですよ!

555


いつも寝ているんですね、帰りは?

帰りもここ通っています。

555

どうやら生き帰りも同じ道で、ここを通る時は寝ているようです。。555

今回は夜中便ではなかったので寝ていなかったからその像がみえたようです。555






posted by 見習いゾウ使い F at 07:22| Comment(0) | 日記

Taya,Mail ようこそ、タイゾウ保護センターへ!


先日マハウトスクールのマットから、新しくナースリーに親子が来たと知らせがありました。

嬉しいお知らせで、ありがたいです。

2歳のYayaと、30歳のMailだそうです。

写真もあり、一目で恋に落ち、、、。555

私は人間なので、一目惚れはあります。555

どうしてきたのかと聞くと、没収のゾウさんだそうです。

その理由までは聞きませんでしたが。

ずっとそこにいるのではないでしょうが、いる間は、幸せにと願っています。


マット、お知らせをありがとうございます。


posted by 見習いゾウ使い F at 06:52| Comment(0) | 日記

2016年03月30日

3月16日出発

今回はタイまでの直行便の値段が高すぎて、乗り継ぎびんで夜22:10着のアシアナ航空にて。空港近くのホテルに一泊。

バンコクスワナブーム空港まで車で約10分のホテルから、無料送迎のバスは、満員で1番遅かった私が1人で一台というVIP扱い。チップもそれなりに。555


国内線はタイ航空で、通路側の席がとれず。

国内線の店でタイ王妃の肝いりの店は、生野菜も果物も新鮮で美味しいようでよく売れています。

そこのミネラルウォーターが国内線の店の中で1番安いのでよく買いますが、今回は今までの7パーツのものがなく他の種類も7バーツ。

いつものプライベートタクシーの方がでむかえて下さり、一安心。

両替をして、車を待ち、乗って、近くの大型スーパーロータスに行きました。

いつものようにゾウさんへのフルーツや落花生など、スタッフ達のパースデイケーキなど。

Wi-Fiだけのものは売ってなくて、私の携帯は充電ができなくなり。

マイベンライです。

12時少し前にホームステイ先に着きました。


posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年03月23日

タイゾウ保護センターでの3日間

3月17日から19日タイゾウ保護センターにいきました。

冠婚葬祭が滞在したたった3日間のうちにありました。

最初は悲しい知らせでした。

私の携帯電話が充電できず、テンにシーラに電話するように頼みました。

2度電話してもらい、つながりましたが、ママのために休みで明日は来るとのこと。

そして、次の日、朝会いましたが午後、4時には出かけてしまうとのこと。

それで急きょマハウトスクールのブンロンの所に先にシーラと行くことになりました。

そこで、シーラにママは大丈夫?と聞くと大丈夫。

でも奥様?のシーダのママが、、。

とのことでした。

それで次の日から4日間お休みだそうです。お悔やみを少し手渡しました。

悲しいですね。ご冥福をお祈りしています。

その日、ブンブアンの養子のアイアイのマハウトのお嬢様が結婚のセレモニーをするとききました。

そして、次の日披露宴パーティをセンター内の彼の家でおこなうとのことで、お祝いを持っていきました。

とても美しい花嫁で、感じがよい花婿で幸せな感じが伝わってきました。

ハッピーウエディング!!

冠婚葬祭の2日間でした。



posted by 見習いゾウ使い F at 09:36| Comment(0) | 日記

2016年03月13日

3月13日National Thai Elephant day!!

今日はタイゾウ保護センターでは、僧侶に供物を捧げて、ブッフェです!!

朝早くからゾウさん達の興奮が伝わってきました!

image.jpeg
posted by 見習いゾウ使い F at 21:17| Comment(0) | 日記

どうしてゾウはものを決して忘れないのか ― アレックス・ジェンドラー YouTube

Facebook のタイ人の友達からシェア。

どうしてゾウはものを決して忘れないのか ― アレックス・ジェンドラー

日本語の字幕がついています。お勧めです。

posted by 見習いゾウ使い F at 21:05| Comment(0) | 日記

2016年03月11日

ゾウさんと結核


国内の広島、福山動物園で、ボルネオからのゾウさん(18歳、メス)が結核にかかり

動物園は調査や、健康診断のために1週間閉園とのニュースが昨夜からありました。


タイでは、人間の感染症では、多い順番3位に結核があり、死亡する人が多いそうです。


結核は人間からゾウさん、ゾウさんから人間もうつるようです。


結核は空気感染、飛沫痰感染があるそうです。

換気が悪いところにそういう人と一緒だとうつることがあるようです。

また、キャリアをもっていて、長い間たって、体の具合が悪い時に発症する。

その人の健康状態、疲れ度でも感染するかどうかは違うようですが。


内服薬しかないそうですので、人間と同じく、薬を毎日飲むようになります。

ただ、ある獣医によると、ゾウさんが薬を拒否することがあるそうです。


ゾウ病院では、病気のゾウさんに薬を飲ませる時、バナナなどに差し込むか、タマリンドをつぶしたものを団子状にして、その中に薬をいれて、口に放り込むことをマハウト達がよくしていました。

ゾウさん達は、タマリンドが大好きです。

日本ではさる、アザラシの結核が発見されているようです。


治療は2年間。人間と同じですね。

治療が効かなければ、安楽死。


食がなくなりますから、できるだけおいしくて好きなものを沢山食べて体力をつけて病気にかってください。

応援しています。

色々ご教授してくださった方々、ありがとうございました!

posted by 見習いゾウ使い F at 21:35| Comment(0) | 日記

2016年03月07日

ブンロンの体重


シーラに午後1時15分くらいに電話をしたら、ブンロンはタンワ達と水浴びと言っていました。

昼間は随分暑いみたいですから、よいですね。


シーラもブンロンも元気だそうで、よかったです。


シーラも私にどこ?私は東京。555


ブンロンは、1120キロだそうです。

あれ、前と同じくらい?


posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年03月06日

ドッゲオの体重


久しぶりにテンに電話をしました。

ちょうど、ランチタイムぐらい。


元気そうでした。日曜日は、お休みの時もよくありますが、今日はナースリーでした。


私にどこ?バンコク?東京?と聞きました。

私は、東京、寒いと。555

ランパンは暑いそうです。それでも朝晩は寒い。

ブンミ―
スリカム、
シンコン、
ドッゲオ

皆元気だそうです。

ブンミーは右肩の痛みがよくなったそうです。

マハウト達の治療が効いたのだと思います。よかったです。

伝統的なやり方と現代的なやり方と両方まぜてよいですね。


ドッゲオは、350キロ!!!

大きくなったね。

バナナ食べている?

食べている、食べている。


よかったです。

恋しいですね。




posted by 見習いゾウ使い F at 18:12| Comment(0) | 日記

2016年03月02日

ブンロンは人を選ぶ


私にとってブンロンはいつもよい子で、陽気で、ユーモアがあって優しい子です。

甘えん坊ですし。


でも、昨年マハウトスクールにいるブンロンを訪ねたら、シーラがいない時、他のマハウト達は、ブンロンが鼻で打つと言って嫌がっていました。

ゾウさんの行動には理由があります。

ブンロンだってそうです。

ブンロンがそうするには、理由があるはずです。


今回ミスターダルシットがブンロンを触っている写真をみてまた、そう思います。

ブンロンは人の好き嫌いが激しいです。

それは野生で、色々ママに聞いたり体験したからだと思います。

私にとても愛情を注いでくれるのも理由があるはずですが、私にはわかりません。

ただ、私はブンロンをとても愛しく思っています。

それでもそれだけではゾウさん達は愛してはくれないので、やはりママなのか、匂いや声が好きなのかなと想像します。

image.jpeg

image.jpeg


posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年03月01日

ブンロンへの訪問をありがとうございます!

ミスターダルシットのfacebookで、ブンロンに触れている写真がありました。

ブンロンは生後5ヶ月くらいの時のことをちゃんと覚えています。

きっと涙を流したと思います。ブンロンは、とても情が深いので。

ミスターダルシットは、ブンロンのことを忘れずに毎回訪ねてくれます。

感謝です。



posted by 見習いゾウ使い F at 10:22| Comment(0) | 日記