2015年11月30日

テンモーちゃんのフォトブック


縦横14cmくらいの手軽なフォトブックを今回はテンモーちゃん特集でつくりました。

96ページ、120枚の写真です。

今日できあがってきました。

写真は、お手軽値段なりですが、こうやって形で、特別お世話になったごく限られた人達にプレゼントのつもりです。

お礼の挨拶に大切な人たちが抜けたり、英語のつづりが間違ったり、色々ばたばたですが、3周忌のテンモーちゃんの時に間に合ってよかったです。


写真は似たようなのが多くなって、構成にもっと区数が必要だったと反省していますが、テンモーちゃんの笑顔が沢山なので、タイっぽいかなと思います。5555

それでも、私にはすべて心が動かされる写真です。

写真集を作っているときは、辛くて幸せでした。いつもよりより多くの涙を流しました。


テンモーちゃん、愛している、恋しいです。

テンモーちゃんへのサポートと愛をありがとうございます!!

tangmochanphotobook.jpg







posted by 見習いゾウ使い F at 21:55| Comment(0) | 日記

2015年11月28日

テンモーちゃんのフォトブック パート2

P1070377.JPG

P1070380.JPG





マハウトのベンは、テンと同じくクンチャイとテンモーちゃんのマハウトでした。

ゾウ病院所属です。

ベンは、コーをよく使う印象です。

私は、ゾウさんとのコミュニケーションは、言葉でしたりがよくて、コーを使うのは好きではないです、特にまだ赤ちゃんの子には。

でも、ベンも優しいところがあり、テンモーちゃんによく草をむいてあげてくれていました。


この写真は2013年5月私が帰る日の朝、ナースリーのゾウさん達に食べ物をあげていて、テンモーちゃんの次にカムラとママにあげ、テンモーちゃんのほうにもどったら、あれ、テンモーちゃんが、丸太をはずして、外にでてきて私のほうに来ました。

驚いて、テンモーちゃん、中にといっても、私の隣にいるので、私も柵の中へ。

テンモーちゃんは私について中へ。

その時ベンが来て、柵の丸太をもどしてさらにロープをしてくれました。

その時、ベンが写真を撮ってというので、この写真。テンモーちゃん、あまりうれしそうではないような?555

私のも撮ってとお願いしました。そうしたら、2枚目でこの写真。テンモーちゃんはポーズ!!

555

可愛いですね。私はコースをとる時以外は一人ですから、ゾウさんの写真はあっても自分と一緒の写真は少ないです。

貴重なテンモーちゃんとの2ショット。

ベンありがとうございます!!





posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

テンモーちゃんの涙 フォトブック パート1

前にご紹介したと思いますが、今テンモーちゃんのフォトブックを作っています。

それで、生前の写真を選びました。

整理整頓が大の苦手の私は探すのに時間がかかります。自業自得ですので、時間をかけます。555


私が帰ると分かったときの涙です。その10か月前に5日間、8か月前に3日間、そしてこの時4、日間プンプアンの出産を待って東屋横のテントに寝泊まり。

それでも、テンモーちゃんは、私をママのように慕ってくれました。一緒に泳いだし。

この約1か月後、テンモーちゃんは池でアクシデントで下半身がマヒし倒れました。


P1070489.JPG

P1070490.JPG
posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2015年11月27日

ブンロンのショー参加は週に何回?


本日朝、タイゾウ保護センターで水浴びする前ごろに、シーラに電話をしました。

今日は金曜日なので、スタッフのマットに先日、金曜日、土曜日、日曜日とブンロン達がショーにでると聞いていました。


でも、今日はショーにはいかないそうです。

明日はショーだそうです。

日曜日は?と聞くと、ないとか。

曜日を色々いっていましたが、私にはわかりません。555


色々状況によってかわるのでしょうね。

今度行く日を言ったら驚いていました。もうじき、会えます!!

ブンロンにあげたサッカーボールは、ブンロンが使うことはなさそうでした。4343


ブンロン、元気でね!!シーラよろしくお願いします。



posted by 見習いゾウ使い F at 18:32| Comment(0) | 日記

クンチャイの命日11月22日


11月22日はクンチャイの命日でした。

本来ならこのブログでご案内ですが、1か月前に勘違いしたり、facebookでは、クンチャイを偲んだ記事をのせましたが、こちらではまだだったようです。すみません。

クンチャイと一緒だったのは、ほんの数時間でしたが、とてもハンサムで寂しがり屋でユーモアがある可愛い子でした。

今でも私の部屋に、他のゾウさんたちのものもおいていますが、骨壺があります。

その中には、尾の毛も。

5年たちました。早いのか、遅いのか、不思議です。


それでもクンチャイは、私が思っていれば、現れる、毎日。555

今年はその日を日本で過ごしました。

クンチャイ、愛しているよ、恋しいです。

ゾウ病院のある獣医がクンチャイを恋しいとコメントしてくれました。

人間でも忘れることなく、思ってくれる人がいるのですね。4343 感謝です。



P1120121.JPG
posted by 見習いゾウ使い F at 18:10| Comment(0) | 日記

タイのロイクラトン祭り

タイのロイクラトン祭りは、11月25日におこなわれたようです。

川に流す花や葉っぱでつくられ、キャンドルを添えた灯篭の写真をfacebook で沢山見ました。

よいですね、願いを込めて灯篭を流す。人間らしい。555

まあ、ゾウさんはこういうことをしない。555

ロイクラトンの歌を思い出します。

テンモーちゃんと初めて、そして最後になってしまったロイクラトン祭り。

あの、花火ロケット、カラオケで騒々しい夜でした。そして時々ゾウさんのさけび声が。

スタッフに聞くと、花火の音が怖いからと。

ゾウさん、毎年この日は空に明るい熱気球は上がるは、花火の音はするは、嫌でしょうね。4343
このロイクラトンの日は、クンチャイが他界しました。

夜を迎える前に。

それで私はロイクラトンの日は、テンモーちゃんと過ごそうとしました。
テン達が、奥にある小さな池でパーティを開いてくれました。熱気球も上げさせてもらいました。

皆優しくてね。

それでも、ほとんどはテンモーちゃんと一緒でした。

夜中にタンとジョンが来てくれて、ジョンがテンモーちゃんを気づかってくれて、テンモーちゃんが痛い所を鼻先で触ってジョンはそれがちゃんとわかってお見舞いしてくれました。

このユーチューブは、テンが、ロイクラトンソングをテンモーちゃんの横で歌っています。テンモーちゃんのリズムとりが素晴らしい!555 マジで。

posted by 見習いゾウ使い F at 10:23| Comment(0) | 日記

2015年11月20日

ゾウさん達の会話


ゾウさん達が会話をしてあるのは間違いないです。555 

私のことも私がいない所で話しているようです。マジで。

どうしてそう思うかというと、

前に政府に没収されたゾウさんが、テンモーちゃんのお墓のすぐの道を通ったとき、ああ、あなたね!っていう感じでした。

うっ、私を知っている?

ショーにでている子達を水浴びの所で待っていて、彼らが来るのですが、皆久しぶりなのに驚くことがなく、私が来たのを知っていました。

もちらん、鼻がきき、目がよいゾウさん達ですから、それで私の存在を知っているのかもしれませんが。

私はほとんどの時何かしら食べ物を持っていますし、その匂いかもですが。555
それでも、ブンロンは、そちらではなく、私の頭や顔や足の匂いをかぎますし。

私達人間が噂話をするように、ゾウさん達も噂話をするのだお思います。


posted by 見習いゾウ使い F at 09:25| Comment(0) | 日記

2015年11月13日

二日目のブンロン


プンプアンとの1日トレッキングコースが終わり、マハウトスクールの奥のゾウさん達がいるところにプンプアンと一緒に行きました。

プンプアンはすぐ森のいつもいるところにもどりました。森を横切っていきます。

ブンロンは、私たちを見ると、頭を前後に振り、前足を前に動かします。

ちょっと待ってね。ブンロン。

先に、母屋に行って、マハウト達に挨拶です。

それからブンロンの所へ。
P1180333.JPG

P1180327.JPG

P1180361.JPG


posted by 見習いゾウ使い F at 18:44| Comment(0) | 日記

2015年11月11日

プンプアンの顔


たった一日のトレッキングコースは、あっという間に終わり、マハウトスクールにもどってきました。

マットや私を待っているプンプアンはそばにターワン先生がいて、私を見ています。


あれ、プンプアン、なんだか笑顔だけど、感謝しているみたい、マジで。5555

プンプアンは、嬉しい顔はよく見せますが、感謝って言うのはあまりなかったと思います。

4年ぶりの森のトレッキングですね。4343


スタッフのマットが、プンプアンは、もっとずっと私たちと一緒にいたいって顔をしていたと言いました。


プンプアン、私もだよ。


その後、一緒に、マハウトスクールの奥、ブンロンたちがいる所まで、一緒にいきました。


プンプアン、ありがとう!

ターワン先生、マット、ありがとうございます!


posted by 見習いゾウ使い F at 20:59| Comment(0) | 日記

2015年11月10日

4年ぶりの水浴び


今年は、雨が少ないとマットがいっていたとおり、川の水かさは低かったです。

プンプアンに乗るのは4年ぶりです。

そして、水浴びも。


4年前にプンプアンから川に落ちたことを思い出しました。

プンプアンは、ショーのコースの水浴びの時とは、まったく違う活発さで体を水の中で右に左に、横に前後に動かします。

どうやっても、ただ首に乗っているだけでは、落ちますね。555

ターワン先生はプンプアンの背中に四つん這いになっていてプンプアンが動くたびに動きます。


落ちないためには、プンプアンが水に沈みこんだ時、体を浮かせるしかないような。
1度はできましたが、それ以降はできず、プンプアンの頭を超えて落ちました。555

その後、水の深さを足で図りましたが、なんとかつま先立ちで顔がでるくらいだったので、そうやって少し歩き、あとは、深くなっていくので、泳いでプンプアンの向かって右から上がろうとしました。

なんとか体をあずけましたが、プンプアンがナンロンして、体を私が乗ってきたほうに倒したので、また水の中へ。555

ターワン先生が逆からあがってというので、そうしましたが、今度はそちらにプンプアンがナンロンして私はまた、水の中へ。555

プンプアン、遊んでいます。これでは、上がれません。

「ヌアイ」≪疲れた)と言ってプンプアンに乗るのをあきらめました。

その後、プンプアンに乗っているターワン先生が「ボンボン」と言い、プンプアンが鼻先から水をターワン先生にかけます。555

今回は3回落とされました。55555

プンプアン、とても楽しそうでした。


落ちたときのビデオをマットが撮影してくれましたが、そのビデオを捜索中です。555

写真は落ちる前です。


P1180304.JPG

P1180310.JPG

P1180313.JPG

P1180315.JPG



posted by 見習いゾウ使い F at 08:40| Comment(0) | 日記

2015年11月07日

ショーのカイワン


ピーノイが乗っているショーでのカイワンです。

ショーの最後には、ツーリストから販売しているバナナやサトウキビをもらいます。

カイワンとプンプアンは最後までいました。555

P1180487.JPG



posted by 見習いゾウ使い F at 17:26| Comment(0) | 日記

可愛いスリカム


生後10か月で、体重が400kg、可愛いスリカムです。


P1180520.JPG

P1180521.JPG

P1180515.JPG

P1180514.JPG




posted by 見習いゾウ使い F at 00:00| Comment(0) | 日記

2015年11月06日

一日トレッキングコース 続き

P1180302.JPG

舗装道路を歩いて、道端のすきな草を食べるプンプアンです。

森の奥までいかないので、ゆっくり、ゆっくり。

プンプアンが食べることが目的です。

こんなことは、初めてです。



posted by 見習いゾウ使い F at 15:33| Comment(0) | 日記

2015年11月05日

ブンロン、パチ、タンワの新しい生活


先日シーラに電話した時、ブンロン、パチ、タンワはショーにでていると言っていました。

でもターワン先生はでていないと。

???

それで、マハウトスクールのマットに聞きました。

金曜日、土曜日、日曜日はブンロン、パチ、タンワはショーにでているそうです!!


ブンロンはケランと仲がよいですし、プンプアンとも、カイワンとも会えるし、社会性ができるしよかったです。


マハウトスクールでは、ちょっと手持ちぶさたでしたから。


どういう理由かわかりませんが、よかったです。



posted by 見習いゾウ使い F at 19:36| Comment(0) | 日記

2015年11月01日

スリカムとテン


スリカムは孤児で、9月は生後10か月。

前にも書きましたが、2人の愛情深いマハウトに育てられています。


この写真はテンがスリカムに、ナンロンをさせているところです。

ビデオもあります。

まだ生後10か月なのに、色々できます。


テンのやり方は、大きな声で。

もう一人のベテランマハウトは、小声で。 555

可愛い、スリカムです。


P1180497.JPG

P1180499.JPG


posted by 見習いゾウ使い F at 21:10| Comment(0) | 日記